1 :Hi everyone! ★@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:01:35.42 ID:???.net
ソース(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304180804580064963762215720
写真=歌川小国政「暴行清兵を斬首する図」(1894年10月、ボストン美術館蔵)


 いまから120年前、朝鮮半島の覇権をめぐる数カ月間の紛争を経て、日本と中国は正式に宣戦布告をした。中国のメディアでは
先月、日清戦争(第1次中日戦争)を回顧するテーマが盛んに取り上げられた。この戦争で中国軍は完敗し、1895年には山口県
下関市で行われた講和会議で、いわゆる「不平等」条約の締結を余儀なくされた。この下関条約が後に清王朝の崩壊を後押しする
きっかけとなった。

 ウォール・ストリート・ジャーナルは中国社会科学院の日本専門家、馬勇氏に日清戦争と日中関係への影響、中国の改革努力に
ついて聞いた。馬氏は、将来の日中関係が歩むべき道のりについても語った。

 インタビュー要旨は以下の通り。

――日清戦争は中国にとって大きな後退だった。巨額の賠償金を請求され、領土の多くを失った。中国にとって、この戦争結果を
どう特徴付けるか。

 日清戦争という混乱がなければ、中国は「洋務運動」の路線を継続していただろう(これは1861年に始まった改革運動で、当初は
軍事工業化が目的だったが、後に別の目標が付け足された)。立憲君主制を打ち立てるために段階的に西洋の軍事技術や武器装備
を吸収していった。この「西洋から学ぶ」という動きが破壊された。中国は体系的な改革への道を進んでいたが、日清戦争がこれを
台無しにした。この戦争以降、中国ではナショナリズムが勢いを増していった。

――戦争は避けられなかったのか。

 強硬派がいなければ戦争に突入することはなかっただろう。この戦争が起こったのは、当時の(限定された)中国の国力を理解して
いない勢力がいたからだ。強硬派は日本に強い態度を取ることを主張。李鴻章(改革派の中心人物で講和会議の全権大使)は当時、
戦争に反対していた。同氏は中国の限界を理解していたのだ。

――戦争を終結させた下関条約をどう評価するか。「不平等条約」だったか。

写真=日本外務省に保管された下関条約の文書 World Imaging via Wikimedia Commons


 不平等条約ではなかった。日清両国とも代表を派遣して交渉のテーブルに着かせた。「不平等条約」と言われるようになったのは
もっと後のことで、改革やナショナリズムを掲げる活動家の圧力がこうした考えを生み出した。

 条約では第1に、中国は朝鮮の独立を認めさせられた。中国が勝っていたら、間違いなく朝鮮の併合を要求していただろう。第2に、
中国は巨額の賠償金を請求された。これについても、紛争の多くで敗戦国が戦費を負担させられるのは当然だった。

 第3に、中国は遼東半島や台湾の主権を喪失した。台湾の割譲は大きな痛手であり、現在まで続く重大問題だ。中国は現実的な
(領土)損失を被っただけでなく、状況を非常に複雑にしてしまった。台湾は満州国政府にそれほど敬意を払っていなかったし、こうした
(似たような)態度は民主進歩党の中国政府に対する見方に引き継がれている。中国は遼東半島の返還と引き換えに賠償金を
積み増されたことについて適切な説明をしなかったし、台湾について同様の条約を結ばなかったことについても説明しなかった。
日清戦争がなければ、台湾の独立機運は現在のような流れに発展していなかっただろう。

――日本との関係に対する影響は。

 中国は自分が先生で日本は生徒だと見なしていた。英国やフランスとの戦争に敗れることは認められても、日本に敗れることは
認められなかった。

>>2以降に続く)

2 :Hi everyone! ★@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:01:53.97 ID:???.net
>>1の続き)

――現在の日中関係をどう見るか。両国は釣魚島(尖閣諸島の中国名)をめぐる新たな緊張の火種を抱えている。これがどう展開する
と思うか。

 民間レベルの関係を見ると何の問題もない。日本人は中国に憎しみを抱いていないし、日本を訪れる中国人は(非常に多く)いる。
(日本が中国に侵攻し、占領した)第2次世界大戦当時と状況は全く異なる。日中間に反目はあるが、これらは過激派から出ているもの
で主流ではない。

 日本と中国は歴史の新たなページを開くべきだ。日中関係の長い歴史の中で、釣魚島は非常に小さな問題にすぎない。とりあえず
この問題は脇に置き、次の世代から問題解決の知恵を借りるべきだ。

――安倍晋三首相による日本の軍事力強化の動きをどう思うか。

 安倍首相が行っていることは、日本の普通の国にしようとする努力だ。中国は(第2次大戦の)戦勝国として日本を支援する責任を
負っている。日本は長年にわたって軍事力を抑制し、制度改革を重ねており、戦争を開始するはずがない。日本国民の間では反戦機運
が非常に強く残っている。

――日清戦争から得られた主な教訓は何か。

 中国が発展に向けていくつかの重要な前進を見せたという事実を評価しなければならない。こうした成果を帳消しにする紛争は必要
ないし、最初からやり直す必要もない。これが日清戦争の経験から得た最も重要な教訓だ。私たちは平和で友好的な環境を確保する
必要がある。これが中国の進むべき道だ。

(終わり)
6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:15:10.11 ID:wZIhVvna.net
>>1
中国政府が軍を押さえられない以上
主流も少数派も関係ないだろ

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:15:14.75 ID:mUdNvfQ7.net
>中国は自分が先生で日本は生徒だと見なしていた。
>英国やフランスとの戦争に敗れることは認められても、
>日本に敗れることは認められなかった。

日中、日韓、中韓の問題及び関係はすべてこの言葉に集約されていると思う。
中国・韓国人は、中>>韓>>日の序列で共通認識を持っているが、
日本人は、日>>>>>中韓の認識が大半。
このギャップが問題の源だ。


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:16:00.29 ID:MBDbptEO.net
国が継続していない、中国共産党と関係が無いこと。
何をどうしたいかわからん。

謀略の解明したいのか?


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:17:31.80 ID:Itrc0T7S.net
>>1
これ、「中国にも、こんな『良識派』がいるよ!」というプロパガンダじゃないかよ。
古くは周恩来に始まり、今まで何度でもあったヤツさ。
中国人は温厚で良識的な人間が大半だなどと、このテの奴に騙され続けてきた結果が今のザマだろうが。


10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:18:36.57 ID:8mCwo73N.net
過激派の上に主流でしょ?
中国政府が主流じゃないとでも?


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:18:41.04 ID:9O9FJqYK.net
非常にまともな分析に驚いてはいるが
こういう人は少数派なのだろう 中国では

また同じ間違いをするのでは無いかなと、危惧している


12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:19:47.16 ID:OayYezf+.net
中国はすぐに調子に乗る、長崎事件から何も学んでいない


14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:25:48.19 ID:aiIvh4pZ.net
>>中国は「洋務運動」の路線を継続していただろう
>>この「西洋から学ぶ」という動きが破壊された

戦争に負けたとはいえ本土に被害が無い状態だろ、もともと身に付いて
ない運動だった証拠だ。


17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:32:13.93 ID:u6Xd3jXt.net
どういう意図かわからないが
まともな人もいるんたな

韓国からは絶対に出てこない


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:35:50.05 ID:vyuacS2W.net
中狂は過激派であり非主流なのか。

じゃ、話し合いすら必要ないなwww
おまけに自国民の代表としての正統性すら全否定www


19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 00:38:43.84 ID:mdvuWkq0.net
>――現在の日中関係をどう見るか。両国は
>釣魚島(尖閣諸島の中国名)をめぐる新たな緊張の火種を抱えている。
>これがどう展開する と思うか。

なぜあえてアメリカ政府の立場も、国際的な評価も無視して
釣魚島というのか。
ここにWSJの全てが現れている。


28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 01:15:40.95 ID:Xng9oJDe.net
>>1
 ん?

>中国は(第2次大戦の)戦勝国として日本を支援する責任を
>負っている。

 んんんんんん??????


36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 01:36:38.60 ID:RYHeDMyZ.net
日本が国民レベルで吹き上がっちゃったんで、さすがにヤバいと思っているところかな。
中国経済もふらふらしてるし。


37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 01:52:37.06 ID:WVE+WIgB.net
>>1
中国が拡張主義、新植民地主義を止めたら中共が保たない罠
平和で友好的な日中関係はムリダナー


41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 02:07:13.89 ID:bzOvzgxj.net
日本のおかげで満州族の奴隷から解放された漢民族


42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 02:12:39.57 ID:uLn0SsAu.net
中国社会ナントカって強硬派じゃない人もいるのか


47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 02:35:57.50 ID:HhblOved.net
習近平って反主流派だったの?


48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 02:58:49.21 ID:Sqe6IOi2.net
福田康夫が極秘で中国に行ったという情報もあるし、
中国としては、日本との関係改善を模索しているところのようだな。


49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/08/03(日) 03:23:05.20 ID:keXYiUtx.net
かなり冷静な分析だな
こんな人もいるんだ
そのうちボッコされるかもしれんけど

ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
はてなブックマークに追加するツイッターでつぶやく過去記事一覧を見る

21位以下のランキングはこちら