ブログランキング
ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
おーぷん2ちゃんねる
おすすめ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログパーツ

サッカー

<アジア大会>韓国まさかの敗戦で「日韓決勝」は消滅? 日本が首位通過で韓国が2位通過となれば、準決勝で対戦することに 2ch「韓国は無視で」「さっさと兵役いけよ」

1 :Egg ★:2018/08/18(土) 21:39:18.63 ID:CAP_USER9.net
U-21日本代表は現在インドネシアで開催されているアジア大会2018の男子サッカーに参戦中だが、「日韓対決」が早まるかもしれない

 ここまでグループリーグで2試合を消化した日本は、ネパールとパキスタンに勝利して順調にきている。第3節ベトナム戦に勝てば、グループ首位で決勝トーナメント進出だ。

 一方、オーバーエイジ枠3つをフルに使って優勝を狙う韓国は、初戦でバーレーンに6-0と大勝したものの、17日はマレーシアに1-2で敗戦。マレーシアが2戦2勝で首位に立っており、韓国は第3節キルギス戦に勝っても2位通過となる可能性が高くなった。

 D組の日本とE組の韓国は、ともに首位で突破した場合、決勝トーナメントの山が分かれるため、決勝戦、もしくは3位決定戦まで当たらないはずだった。しかし、日本が首位通過で韓国が2位通過となれば、どちらも勝ち進んだ場合は準決勝で対戦することになる。

 FIFAランキング171位のマレーシアに敗れたチームと考えれば、「日韓戦」は悪くない。ただ、「オリンピックで銅メダル以上、アジア大会で金メダル」なら兵役免除となる韓国は、本気で優勝を狙いにきているだけにあなどれず、優勝候補に挙げられている。

 アジア大会の「日韓戦」はどのタイミングで実現するだろうか。

8/18(土) 11:18 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00285878-footballc-socc
3 :名無しさん@恐縮です:2018/08/18(土) 21:40:56.63 ID:PHL7ZVem0.net
日本の方が早めに負けるだろ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国代表、パウロ・ベント氏の新監督就任を正式発表!ポルトガルをユーロ2012で4強に導いた経験も 2ch「ポルトガルの売国奴」「凄い人を獲得したわね」「監督としては伸び悩んでるのか」

1 :久太郎 ★:2018/08/17(金) 13:10:43.16 ID:CAP_USER9.net
韓国サッカー協会は17日、韓国代表の新監督にポルトガル人のパウロ・ベント氏が選任することを正式発表した。

ギム・パンゴン代表監督選任委員長は17日、ソウルで開かれた記者会見で新監督選任を発表。ベント氏が新監督に就任することを発表し、同氏への支持と確信を示した。

ポルトガル人のベント監督は、2005年から2009年まで、ポルトガル1部リーグのスポルティングを率いてリーグ準優勝を4回、FAカップ優勝2回、スーパーカップ優勝2回などを記録。2010年から2014年まではポルトガル代表指揮官として、ユーロ2012で4強に導いた。その後は、ブラジルのクルゼイロや、ギリシャのオリンピアコス、中国の重慶といったクラブの指揮を歴任した。

キム委員長は以前、監督選任の方向性について「我々が提示したサッカー哲学に符合する監督を選任する」と述べていた。ベント監督のサッカー哲学が韓国代表の進もうとする方向と合っていると判断するに至ったようだ。

ベント氏について「実力に疑問の余地はなかった」とし、「(ベント氏には)韓国代表と一緒に2022年のカタール・ワールドカップを準備するための強い意志を感じた。韓国サッカーを一段階発展させることができる確信ができた」とキム委員長はポルトガル人指揮官を選任した理由を述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010002-goal-socc
4 :名無しさん@恐縮です:2018/08/17(金) 13:12:17.16 ID:ZNP5qYW90.net
サッカー観、韓国と合うの?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<J3/Y.S.C.C.横浜>広州恒大から中国人GK趙天賜(ちょう てんし)が完全移籍で加入!「応援よろしくお願い致します」 2ch「俺、超悪魔」「てんし、しってん」「どんどん外国人で埋まるGK」

1 :Egg ★:2018/08/16(木) 18:59:03.54 ID:CAP_USER9.net
Y.S.C.C.横浜は16日、広州恒大よりGK趙天賜(23)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『39』をつける。

 クラブを通じて「Y.S.C.C.に加入することが出来、非常に光栄に思います。シーズン途中の移籍ですが、はやくサポーターのみなさんの前でプレーをみてもらえるように、また、チームの目標を達成する為に全力で取り組んでいきたいと思っています。応援よろしくお願い致します」とコメントしている。

●GK趙天賜
(ちょう てんし)
■生年月日
1995年3月20日
■身長/体重
186cm/74kg
■出身地
中国
■背番号
39
■経歴
北京国安ユース-広州恒大
■代表歴
2017年:U-22中国代表

8/16(木) 18:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-01677148-gekisaka-socc
2 :名無しさん@恐縮です:2018/08/16(木) 19:00:21.84 ID:yRRa0Q1l0.net
超天使キタワ!!

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

元韓国代表の英雄FWチェ・ヨンス氏、「日本時代のいじめ」を衝撃告白「パスが来なくて…」 2ch「反日は金になる」「お前が下手だから」「ただの負け犬じゃん」

1 :蚯蚓φ ★:2018/08/10(金) 23:31:41.15 ID:CAP_USER.net
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/08/20180810_choi-yong-soo3033.jpg
▲かつてJリーグで活躍したチェ・ヨンス氏【写真:Getty Images】

かつて日本の3クラブでプレーしたFWチェ・ヨンス氏がJリーグ時代について語る

 元韓国代表ストライカーが、日本のJリーグでプレーしていた時代の衝撃秘話を明かした。その人物とは、日本の3クラブでプレーしたFWチェ・ヨンス氏だ。「日本で活躍していた時代にいじめ」と、韓国メディア「インサイト」が伝えている。

 チェ・ヨンス氏といえば、2001年から03年までジェフユナイテッド市原(当時)でプレーし、04年に京都パープルサンガ(当時)、05年にジュビロ磐田に在籍。06年に母国へ戻り、FCソウルで選手兼監督を務め、同年夏に現役から引退した。

 日本ではJ1通算88試合55得点、J2通算33試合20得点と圧倒的な得点力を発揮し、韓国代表としても通算67試合27得点の結果を残した。98年から2大会連続でワールドカップ出場を飾り、2002年日韓大会でベスト4に輝いた伝説のメンバーの一員でもある。

「韓国の伝説的なストライカーがJリーグ時代の困難な経験を打ち明けた」と報じたのは、韓国メディア「インサイト」だ。チェ・ヨンス氏が韓国のラジオ番組「ペ・ソンジェのテン」に出演した際のコメントを引用しつつ、「パスが来なくて練習にならなかったし、ユースの子は挨拶もしなかった。古参はそれを見て楽しんでいたよ」と、日本時代の苦い思い出を振り返ったと伝えている。

ソース:フットボールゾーン<元韓国代表の英雄FW、「日本時代のいじめ」を衝撃告白 「パスが来なくて…」>
https://www.football-zone.net/archives/127491

2 ::2018/08/10(金) 23:32:36.47 ID:FzMDaUfY.net
下手だから
まあ、それは冗談としてチームに馴染めてなかったじゃんお前

3 ::2018/08/10(金) 23:32:53.80 ID:uhjnlvNa.net
>2002年日韓大会でベスト4に輝いた伝説のメンバーの一員でもある。

あの恥ずかしいメンバーか

5 ::2018/08/10(金) 23:34:22.89 ID:yDJq6APe.net
反日しないと生きていけないもんな

8 ::2018/08/10(金) 23:35:14.41 ID:csIZh2T7.net
お前が下手だからだよ。

9 ::2018/08/10(金) 23:35:30.46 ID:fre0dZ3U.net
いじめを受けてたのに随分長い間出稼ぎしたもんだなーw
7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2018/08/10(金) 23:35:12.29 ID:dL0UO5WC.net
日本は酷い国だからみんな来ないでね

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国期待の17歳、バレンシアと長期契約。契約解除金は100億円超え 2ch「契約解除金w」「契約解除金w」「バレンシア徳永」

1 :shake it off ★:2018/07/22(日) 16:15:13.86 ID:CAP_USER9.net
 バレンシアは現地時間21日、韓国人MFイ・ガンインと2022年までの契約を交わしたことを発表した。

 イ・ガンインは、2011年にバレンシアの下部組織に入ってから、順調にステップアップを続けている17歳のMF。かつてレアル・マドリーからの関心も話題になった有望株だ。

 バレンシアはその有望株を簡単に失うつもりはなく、契約解除の違約金は8000万ユーロ(約104億円)に設定された。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00282485-footballc-socc
2 :名無しさん@恐縮です:2018/07/22(日) 16:15:46.03 ID:5JDDh0XQ0.net
完全に日本の負けだな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<堂安律(>野望を大いに語る!「ムバッペを引きずり下ろしたい」「イ・スンウ(韓国)には絶対負けないですよ」 2ch「ククルス堂安」「早く代表呼べよw」「ムバッペって誰?」

1 :Egg ★:2018/07/22(日) 16:48:03.93 ID:CAP_USER9.net
ムバッペ、イ・サンウは意識する。

 ――2年前にNumberに出てもらった時は、ガンバ大阪のU-23。当時は自分の理想と現実のギャップが大きすぎると言っていましたが、あれから1年、2年でだいぶ追いついてきたのでは? 

 「まだまだです。いまの理想で言えば、ロシアW杯に出てますよ。実際、オランダであと5点でも取っていれば選ばれていただろうし」

 ――現在19歳(インタビュー当時)ですが、同年代で意識している選手はいますか? 

 「ムバッペ。同世代ではダントツですもん。フランス代表の10番ですし、年俸12億ぐらい稼いでるらしい。そういう選手を引きずり下ろせるように、日々練習しているんで」

 ――個人競技だと顕著ですが、サッカーでも子供時代からライバル関係が続くことは多々ありますよね。堂安選手の場合は? 

 「ムバッペは接点がないですが、韓国代表のイ・スンウはまさにそうですね。最初は中3だったかな。ガンバでスペイン遠征に行ったときにあいつはバルサにいて、でも僕が点を取って勝ったんですよ。大会MVPが僕で、得点王があいつやったんです。

 で高1になったら、あいつは韓国代表でAFC U-16に来ていて、僕は日本代表のキャプテンでした。そのときは独走されて2点決められました。その後、ワールドユースであいつもおれも3点取って。だから1勝1分1敗。でも、あいつはバルサからベローナに行って1点しか取ってないけどA代表でW杯へ。イタリアはレベル高いから、そういう評価なんでしょうね。でもイ・スンウには絶対負けないですよ」

一部抜粋

7/22(日) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00831394-number-socc&p=5
6 :名無しさん@恐縮です:2018/07/22(日) 16:50:32.75 ID:c7C+26+D0.net
オランダから出てから言え

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<過去25年における最高のW杯王者どこ!?>5万人超えの読者アンケートで選ばれたのは…2002年日韓大会を制したブラジル

1 :Egg ★:2018/07/22(日) 01:09:28.81 ID:CAP_USER9.net
ロシア・ワールドカップは、フランスの20年ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。

 アントワーヌ・グリエーズマンやキリアン・エムバペといった若きタレントたちを、現役時代に主将としてトロフィーを掲げた経験を持つ指揮官ディディエ・デシャンがまとめ上げたフランス。華々しさもあったが、時に全員で守備を固めるその戦術に、賛否の声があったのも確かだ。

 スペイン紙『Marca』は7月17日、「過去25年における最高のW杯優勝チーム」というアンケートを実施。1994年のブラジル、1998年のフランス、2002年のブラジル、2006年のイタリア、2010年のスペイン、2014年のドイツ、そして今大会のフランスと、5か国7チームの中での優劣を読者に尋ねている。

『Marca』が挙げた各大会優勝チームのイレブンは以下のとおり。
 

■ブラジル(1994年)
タファレウ、ジョルジーニョ、マルシオ・サントス、アウダイール、ブランコ、ドゥンガ、マウロ・シウバ、ジーニョ、マジーニョ、ロマーリオ、ベベット

■フランス(1998年)
バルテズ、テュラム、デサイー、ブラン、リザラズ、デシャン、プティ、カランブー、ジダン、ジョルカエフ、ギバルシュ

■ブラジル(2002年)
マルコス、ルシオ、エジミウソン、ロッキ・ジュニオール、カフー、クレベルソン、ジウベルト・シウバ、ロベルト・カルロス、ロナウジーニョ、リバウド、ロナウド

■イタリア(2006年)
ブッフォン、ザンブロッタ、マテラッツィ、カンナバーロ、グロッソ、ペロッタ、ガットゥーゾ、ピルロ、カモラネージ、トッティ、トーニ

■スペイン(2010年)
カシージャス、セルヒオ・ラモス、ピケ、プジョール、カプデビラ、シャビ・アロンソ、ブスケッツ、ペドロ、シャビ、イニエスタ、ビジャ

■ドイツ(2014年)
ノイアー、ラーム、ボアテング、フンメルス、ヘーベデス、シュバインシュタイガー、ケディラ、クロース、ミュラー、エジル、クローゼ

■フランス(2018年)
ロリス、パバール、ヴァランヌ、ウンティティ、リュカ、カンテ、ポグバ、マテュイディ、エムバペ、ジルー、グリエーズマン

 この各チームの豪華絢爛な面子を見て回答した5万7000人以上のユーザーのうち、48%と半数近くが選んだのは、2002年日韓大会を制したブラジルだった。これに30%で続いたのは、2010年南アフリカ大会の王者スペインだ。この両チームだけで約8割を得票している。

 なお、それ以外の票は、1994年アメリカ大会のブラジルには6%、そのほかのチームには各4%と分かれた。

7/18(水) 20:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00044177-sdigestw-socc

写真
4 :名無しさん@恐縮です:2018/07/22(日) 01:12:23.14 ID:vNp0sw130.net
前回のドイツじゃないのか

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

日本代表を率いた西野監督に中国から巨額オファー? 2ch「岡ちゃんって中国で成功した?」

1 :Fender ★:2018/07/21(土) 10:41:05.75 ID:CAP_USER9.net
http://news.searchina.net/id/1663453?page=1

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じた。日本代表は史上初のベスト8はならなかったが、ベスト16という好成績を残した。一方、中国代表は本大会に出場できなかったものの、多くの中国人がテレビで中継される試合を楽しんだようだ。また、中国代表が出場していないにもかかわらず、今大会は中国企業のスポンサーが非常に目立った大会でもあったと言えるだろう。

 習近平国家主席もサッカー好きとして知られる中国ではサッカーは人気のあるスポーツであり、自国のチームの強化を狙っているようだ。選手のレベルアップはもちろん、サッカーの強化には良い監督を選ぶことも非常に大切だと言える。中国メディアの快資訊は15日、中国のクラブチームが7月で日本代表監督から退任する西野朗氏の獲得を狙っていると伝える記事を掲載した。

 日本代表はW杯ロシア大会で前評判を覆す活躍を見せ、特に格上のベルギーを相手に見せた戦いは世界で高く評価されたが、これは西野朗監督の手腕あってこそと言えるだろう。記事は、日本代表はアジアで最強のチームであると指摘し、その日本代表を率いた西野監督に中国の大手クラブチームが巨額のオファーを提示する可能性が高まっていると紹介。西野監督には以前にも中国のクラブからのオファーがあったようだが、そのときは日本に残ることを決めたと紹介し、中国との関係が以前にもあったことを指摘している。

 W杯ロシア大会で大いに評価を高めた西野監督。果たして中国から巨額のオファーが届き、中国のクラブチームを率いることはあるのだろうか。今回のW杯のスポンサーを見れば、中国マネーの世界における存在感は益々高まっているようだ。近年の中国経済の発展状況を考えると、この先も世界の有名選手や監督を爆買いする動きは続いていきそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
3 :名無しさん@恐縮です:2018/07/21(土) 10:45:39.14 ID:djE6e7mH0.net
中国のクラブ監督をしてなんのメリットがあるの?
中国のリーグよりJリーグだろ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

復讐鬼ハリル『(`Д´)ゴゴゴおのれ~日本め日本め~』 韓国『ウリと組んで日本を倒すニダ』 2ch「韓国面に落ちた」「少年マンガ的な面白さ」「フォースの韓国面におちたか」

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/18(水) 16:48:04.11 ID:eJqtmxQv0.net BE:784885787-PLT(15000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
日本代表の前監督であるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、韓国代表の新監督に就任する可能性が
高いという話が再浮上している。
ボスニアメディア『fokus』が16日付で伝えた。

日本代表監督としてロシアワールドカップ予選を突破しながらも、本大会まで2ヶ月あまりとなった
今年4月に日本サッカー協会(JFA)から突然の解任を告げられたハリル氏。
その後の去就は未確定だが、これまでに様々な憶測が報じられていた。

今月初旬には、韓国代表の新監督候補の一人としてリストアップされているとの報道もあった。
一方で、2014年まで率いていたアルジェリア代表への復帰に向け、同国サッカー協会が
交渉を行っているという動きも伝えられていた。

しかし、ハリル氏はアルジェリアに対して断りを入れることを決めたとの見方もある。
『サラエボ・タイムズ』が同氏に近い筋からの情報として伝えたところによれば、
韓国代表監督への就任に最も接近しているという。

韓国サッカー協会からはハリルホジッチ氏に好条件のオファーが提示されており、金銭面での問題はないとみられている。
衝撃的な形で日本を去ることになった東欧の名将は、サムライブルーの宿敵を率いることになるのだろうか。
7/17(火) 20:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00282004-footballc-socc
写真
4 :名無しさん@涙目です。:2018/07/18(水) 16:50:19.57 ID:0EsuOvwU0.net
韓国人がデモをすればデモ気持ち悪いよねという流れを作れて安倍総理が当選するニダ

完璧

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<W杯>日本、「期待以上の成績」ランキング2位…韓国は19位 2ch「ワーストはドイツあたり?」「ドイツに勝ったのにセヨ~」

1 :3倍理論 ★:2018/07/18(水) 16:42:14.83 ID:CAP_USER9.net
米スポーツ・イラストレイテッド(SI)が選定する「2018ロシアワールドカップ(W杯)期待以上の成績を出したチーム」順位で韓国は19位となった。

SIは18日(日本時間)、2018ロシアW杯に参加した32カ国のうち「期待以上の成績」を出したチームの順位を発表した。

SIは韓国について「韓国はグループリーグ敗退がほぼ確定した状態で(世界最強の)ドイツを2-0で破る波乱を起こした」とし「ただ、韓国代表はスウェーデン戦とメキシコ戦では残念な競技力を見せた」と説明した。

1位はクロアチアが選ばれた。SIは「クロアチアはW杯欧州地域予選をプレーオフの末に通過したチームだが、本大会では毎試合、奇跡のような姿を見せて決勝まで進出した」と紹介した。

一方、決勝トーナメント(16強)に進出した日本は2位だった。SIはグループリーグ第1戦でコロンビアのカルロス・サンチェスが前半3分で退場となったことに言及し、これが日本にアドバンテージとして作用したと分析した。また決勝トーナメント1回戦でベルギーに逆転されたものの2-0でベルギーにリードしていた点も印象的だったと分析した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000030-cnippou-kr
4 :名無しさん@恐縮です:2018/07/18(水) 16:44:18.67 ID:n4Y6VekJ0.net
大韓民国様って凄く期待されていたんですね(棒

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<ハリルホジッチ氏>韓国代表の新監督に就任する可能性が高いという話が再浮上! 2ch「ハリルとか(笑)」「韓国を弱くする気か」「日本のお下がりどうぞw」

1 :Egg ★:2018/07/17(火) 22:12:52.13 ID:CAP_USER9.net
日本代表の前監督であるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、韓国代表の新監督に就任する可能性が高いという話が再浮上している。
ボスニアメディア『fokus』が16日付で伝えた。

日本代表監督としてロシアワールドカップ予選を突破しながらも、本大会まで2ヶ月あまりとなった今年4月に日本サッカー協会(JFA)から突然の解任を告げられたハリル氏。
その後の去就は未確定だが、これまでに様々な憶測が報じられていた。

今月初旬には、韓国代表の新監督候補の一人としてリストアップされているとの報道もあった。
一方で、2014年まで率いていたアルジェリア代表への復帰に向け、同国サッカー協会が交渉を行っているという動きも伝えられていた。

しかし、ハリル氏はアルジェリアに対して断りを入れることを決めたとの見方もある。
『サラエボ・タイムズ』が同氏に近い筋からの情報として伝えたところによれば、韓国代表監督への就任に最も接近しているという。

韓国サッカー協会からはハリルホジッチ氏に好条件のオファーが提示されており、金銭面での問題はないとみられている。
衝撃的な形で日本を去ることになった東欧の名将は、サムライブルーの宿敵を率いることになるのだろうか。

7/17(火) 20:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00282004-footballc-socc

写真
2 :名無しさん@恐縮です:2018/07/17(火) 22:13:37.60 ID:Ikoj+l2L0.net
日本のお古かよ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

サッカーW杯、出場していない中国が存在感 2ch「日本企業の広告見なかったなあ」「日本は見なかったね…あったっけ?」

1 :3倍理論 ★:2018/07/16(月) 08:48:27.80 ID:CAP_USER9.net
いよいよ決勝戦を迎えるサッカー・ワールドカップ。実は今回、本戦には出場していないにもかかわらず、存在感を示していたのが中国です。中国は、まさに国を挙げて“サッカー大国”の仲間入りを目指しています。

 ワールドカップ期間中、北京市内はいたる所で盛り上がりをみせました。ロシアに観戦に訪れた中国人も10万人以上と言われています。また、国内では熱狂のあまり300件、160億円にのぼるサッカー賭博が摘発されています。

 今回は予選で敗退した中国ですが、実は本大会にも深くかかわっています。それが、かつては日本企業が名を連ねたピッチの脇の広告です。

 家電大手の「ハイセンス(海信)」、スマートフォンメーカーの「Vivo」、中国ナンバー2の乳製品メーカー「蒙牛」など、ロシア大会の15の主要スポンサーのうち、実に7社を中国企業が占めています。

 「(Q.中国企業の広告を見てどう思う?)とてもうれしいです。経済の強さは、将来、中国のサッカーが強くなる重要な基礎になると思います」(中国人サポーター)

 「次のワールドカップでは、スポンサーの半分が中国企業になるでしょう」(中国人サポーター)

 中でも、最も高いスポンサー料を払う“FIFAパートナーズ”7社の一角に加わったのが、中国の不動産大手「WANDAグループ」です。

 ハリウッド映画への積極的な投資や、最近では世界最大規模の映画村を建設するなど、エンターテインメント業界でも知られる存在です。

 「(世界人口の半分の)32億人が見ると言われるので、またとない宣伝の機会だと思います」(「ワンダスポーツ」楊恒明社長)

 中国の企業がここまで積極的にサッカーに投資する背景には、習近平国家主席が掲げる“国策”があります。大のサッカーファンの習主席は、ワールドカップへの出場、主催、そして優勝という3つの目標を掲げているのです。WANDAのFIFAパートナー契約は2030年まで。その2030年のワールドカップの開催地に、中国が名乗りをあげるのではないかと言われています。

 「我々とW杯、そしてFIFAとの協力は、中国のサッカー発展にも役立つと信じています」(「ワンダスポーツ」楊恒明社長)

 サッカーでも“大国”の仲間入りを狙う中国。日本にとっても手ごわいライバルになりそうです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3422054.html
4 :名無しさん@恐縮です:2018/07/16(月) 08:50:59.57 ID:v1Hi6PYT0.net
出場してもいないのにスタジアムバックスタンドで大きな中国国旗振ってたのを、没収されたのかいつのまにかそのおっさんも旗もなくなってたのワロタ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

<韓国紙>イニエスタ&F・トーレスのJ移籍に連日反応「日本サッカーは世界から注目。名実共にアジアの盟主に..複雑な心境」 2ch「自称アジアの盟主」「おまエラは見なくていいw」

1 :Egg ★:2018/07/14(土) 13:27:55.96 ID:CAP_USER9.net
元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、Jリーグクラブに移籍したことについて、韓国紙『スポーツソウル』は、「日本が韓国からますます遠ざかった」と独特の表現で連日反応している。

同紙はまず、ロシア・ワールドカップでベスト16に進出した日本代表について「日本国内では西野ジャパンの快挙の余韻がまだ濃く残っている。テレビでは特別番組が組まれ、書店では『日本代表激闘録』のような雑誌が多数陳列されている。西野ジャパンの躍進により、日本でのワールドカップ特需はしばらく続きそうだ。そして、これはJリーグにも広がる見込みだ」と独自の見解を述べた。

「ロシアで戦った主力の中でJリーグでプレーしていたのは鹿島アントラーズの昌子源だけ」と前置きしつつ、W杯フィーバーがJリーグにつながる理由として「イニエスタとトーレスという二人のビッグスターが日本にやってくるからだ」と続けた。

日本がここまでのスター選手を獲得できた要因については「イニエスタの年俸は、昨季ヴィッセル神戸に加入した(ルーカス)ポドルスキの年俸(約10億円)を大きく上回るJリーグ史上最高額の約32億円だ。このような高額年俸を実現できるのは、JリーグとDAZNが結んだ10年間で推定2100億円に及ぶ巨額の放映権が間接的に関係している。神戸のメインスポンサーである楽天の世界進出に向けた投資の意味合いもある。それに見合った効果は確実に出てくるはずだ」と分析する。

■イニエスタとF・トーレス加入でもたらす2つの効果

ヨーロッパで輝かしいキャリアを歩み、スペイン代表としても2008年のユーロや2010年の南アフリカW杯制覇を経験したイニエスタとF・トーレス。同紙は、この2選手の加入でJリーグに2つの効果をもたらすと見ているようだ。

まず1つ目として、神戸とサガン鳥栖の集客率が上がることを指摘。

「すでに二人の試合を見るために、チケット争奪戦の真っ最中だ。神戸の8月のホームゲームチケット販売数は、例年より7倍も速くで売れており、鳥栖は普段サッカーを見ない層のチケット購入率が増えている。特に神戸と鳥栖が対戦する11月10日の試合に関しては、さらに熾烈なチケット争奪戦が予想される。両クラブにとって費用対効果はあると言えるだろう」

そして2つ目に「神戸、鳥栖と対戦するチームも大きな影響を受ける」と予想。「ワールドカップの余韻が残った中で、7月18日から再開されるJ1で世界的なスターを直接見ることができる。相手チームのファンにとってもスペインの2選手は直接見てみたい存在だ」と続けた。

最後に「日本サッカーは世界から注目されている。名実共に『アジアの盟主』になった日本が、韓国からますます遠ざかっていて複雑な心境だ」と締めくくっている。

明治安田生命J1リーグは7月18日に再開。20日の登録がスムーズに行われれば、22日の第17節で神戸のイニエスタ、そして鳥栖のトーレスがそれぞれピッチに立つ可能性がある。世界中から注目を浴びることとなったJリーグ。世界的ビッグスターの活躍に注目だ。

GOAL 7/13(金) 18:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000022-goal-socc

写真
2 :名無しさん@恐縮です:2018/07/14(土) 13:28:40.77 ID:IAJYYoVk0.net
韓国まったく関係ないじゃん。何なの?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

「羨ましいが、複雑な心境」韓国紙『スポーツソウル』がイニエスタ&F・トーレスの日本移籍に連日反応 2ch「こっち見るな!」「凄い選手なん?」「盟主といえばアビスパ」

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/13(金) 21:50:28.79 ID:CAP_USER.net
羨ましいが、複雑な心境」韓国紙がイニエスタ&F・トーレスの日本移籍に連日反応
7/13(金) 18:46配信 GOAL
http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E7%BE%A8%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8C%E8%A4%87%E9%9B%91%E3%81%AA%E5%BF%83%E5%A2%83%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%B4%99%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BFf%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%AB%E9%80%A3%E6%97%A5%E5%8F%8D%E5%BF%9C/1m875h48z03hn1gb4rcowz3pap
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000022-goal-socc

ビッグスターの相次ぐJリーグ参戦に韓国紙が連日反応(C)Getty Images


元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、Jリーグクラブに移籍したことについて、韓国紙『スポーツソウル』は、「日本が韓国からますます遠ざかった」と独特の表現で連日反応している。

同紙はまず、ロシア・ワールドカップでベスト16に進出した日本代表について「日本国内では西野ジャパンの快挙の余韻がまだ濃く残っている。テレビでは特別番組が組まれ、書店では『日本代表激闘録』のような雑誌が多数陳列されている。西野ジャパンの躍進により、日本でのワールドカップ特需はしばらく続きそうだ。そして、これはJリーグにも広がる見込みだ」と独自の見解を述べた。

「ロシアで戦った主力の中でJリーグでプレーしていたのは鹿島アントラーズの昌子源だけ」と前置きしつつ、W杯フィーバーがJリーグにつながる理由として「イニエスタとトーレスという二人のビッグスターが日本にやってくるからだ」と続けた。

日本がここまでのスター選手を獲得できた要因については「イニエスタの年俸は、昨季ヴィッセル神戸に加入した(ルーカス)ポドルスキの年俸(約10億円)を大きく上回るJリーグ史上最高額の約32億円だ。このような高額年俸を実現できるのは、JリーグとDAZNが結んだ10年間で推定2100億円に及ぶ巨額の放映権が間接的に関係している。神戸のメインスポンサーである楽天の世界進出に向けた投資の意味合いもある。それに見合った効果は確実に出てくるはずだ」と分析する。

■イニエスタとF・トーレス加入でもたらす2つの効果

ヨーロッパで輝かしいキャリアを歩み、スペイン代表としても2008年のユーロや2010年の南アフリカW杯制覇を経験したイニエスタとF・トーレス。同紙は、この2選手の加入でJリーグに2つの効果をもたらすと見ているようだ。

まず1つ目として、神戸とサガン鳥栖の集客率が上がることを指摘。

「すでに二人の試合を見るために、チケット争奪戦の真っ最中だ。神戸の8月のホームゲームチケット販売数は、例年より7倍も速くで売れており、鳥栖は普段サッカーを見ない層のチケット購入率が増えている。特に神戸と鳥栖が対戦する11月10日の試合に関しては、さらに熾烈なチケット争奪戦が予想される。両クラブにとって費用対効果はあると言えるだろう」

そして2つ目に「神戸、鳥栖と対戦するチームも大きな影響を受ける」と予想。「ワールドカップの余韻が残った中で、7月18日から再開されるJ1で世界的なスターを直接見ることができる。相手チームのファンにとってもスペインの2選手は直接見てみたい存在だ」と続けた。

最後に「日本サッカーは世界から注目されている。名実共に『アジアの盟主』になった日本が、韓国からますます遠ざかっていて複雑な心境だ」と締めくくっている。

明治安田生命J1リーグは7月18日に再開。20日の登録がスムーズに行われれば、22日の第17節で神戸のイニエスタ、そして鳥栖のトーレスがそれぞれピッチに立つ可能性がある。世界中から注目を浴びることとなったJリーグ。世界的ビッグスターの活躍に注目だ。

2 ::2018/07/13(金) 21:51:15.52 ID:ojC+u/X0.net
こっちみんな

3 ::2018/07/13(金) 21:51:56.88 ID:Sacimp7K.net
盟主ってなんだよw

8 ::2018/07/13(金) 21:56:51.95 ID:9zHjHU6G.net
日本は代表戦以外盛り上がらない

10 ::2018/07/13(金) 21:57:40.60 ID:OgraB/Ml.net
わざわざ日本の移籍選手とかみるなよ暇かよ
5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2018/07/13(金) 21:54:27.21 ID:87fx1Bu7.net
>>1
犬食い韓国土人に関係ないだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

馬鹿なの?wwwwwwwww

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か 韓国Kリーグも配信 2ch「ハンドボールも配信してほしい」「Kリーグってそんな人気ないの?」

1 :首しめ坂 ★:2018/07/13(金) 08:53:21.57 ID:CAP_USER9.net
「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か
7/12(木) 7:08配信
ITmedia NEWS

日本は1勝2敗1分け・ベスト16という結果に終わった、サッカーワールドカップロシア大会(以下、W杯)。
2010年の南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出とあり、日本中が大いに盛り上がった。

■なでしこリーグ契約に奔走した日本人女性

いつもはあまりサッカーを見ないという人も、W杯期間中はレベルが高い世界のサッカーに夢中になったという人もいるだろう。
これを機にサッカー観戦に興味を持った人には、いつでもどこでも試合を見られる動画配信サービスなどがお勧めだ。

日本のサッカーファンにとってなじみ深いものの1つに、英Perform Groupが運営するスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)がある。
しかし、基本的には日本のJリーグやイングランドのプレミアリーグなどのメジャーな試合が対象だ。

マイナーリーグ含め、もっと世界各国のいろいろなサッカーの試合を見てみたい――そんな要望に応えるのが、
スイス発のベンチャー企業mycujoo(本社はオランダ)が2015年にリリースした、サッカー専門の無料配信サービス「mycujoo」(マイクージュー)だ。

日本ではなじみ深い日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)から、ウズベキスタンやブータンのリーグ、欧州のビーチサッカーリーグまで、
同社がパートナーシップを結んだ世界のさまざまなリーグの試合が見られる。7月時点で、6大陸80カ国以上の配信パートナーがいるという。

ライブ配信とオンデマンド配信に対応し、スマートフォンアプリ(iOS/Android、無料)の他、PCやスマホのWebブラウザでも視聴可能。
17年は4200試合を配信し、今年は6月末時点で5000試合を配信済みという。
月間平均ユーザーは100万人以上で、17年の総視聴回数は4000万回を記録した。試合以外に、選手インタビューや記者会見なども見られる。

ユーザーはブラジル、ポルトガル、米国などの国が多いが、意外にも東南アジアの試合が人気という。
7月13日まで配信されるASEANサッカー連盟(AFF)の女子選手権では1試合7.2万ビューを超える試合もあり、
アジアカップ予選のマレーシア対北朝鮮戦は12万ビューを果たすほどの人気だった。

世界80カ国の試合を無料で見られるのは、サッカーファンにとってはありがたい。なぜ、他では放送、配信されないマイナーリーグの試合も視聴できるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000028-zdn_n-sci

2 :首しめ坂 ★:2018/07/13(金) 08:53:42.67 ID:CAP_USER9.net
■試合はスマホで配信

mycujooは、スマホアプリで視聴と配信を両方行えるのが特徴。契約を結んだパートナー(協会、リーグ、大会主催者やクラブ)が
スマホやタブレットで手軽に試合を配信できるため、なかなか見られないマイナーリーグの試合も視聴できるというわけだ。
ビデオカメラでの配信、テレビの中継映像を流すことなども可能。

配信者側の利用も基本は無料。プレミアムプランでは、スポンサー獲得支援や試合中の配信技術サポートを受けたり、広告収入のレベニューシェアを得られたりする。
サイト内のバナー広告や動画再生時に配信する広告の再生回数によって、得られた収入をmycujooと配信パートナーで分ける仕組みだ。

配信画面には、対戦チームの情報やスコア、試合会場、視聴者数などを表示。
ハイライト機能も用意しており、配信者側が手動で重要なシーンをタグ付けすれば、
ゴール、ファウル、フリーキック、イエローカードといった試合の大事な場面へワンタップで飛べる。

これらのハイライトクリップは、TwitterやFacebookなどのSNSで試合終了を待たずにシェア可能。
このように、ワンタップで特定のシーンに飛ぶことができるのはYouTubeやFacebook Liveなどにはない特徴といえる。

網羅性の高いユニークな配信サービスはいかにして生まれたのか。また、なでしこリーグ契約の裏で奔走した日本人社員にも話を聞いた。

■なぜマイナーリーグに注目?

mycujooは、ポルトガル出身の双子の兄弟ペドロ・プレサCEOとジョアン・プレサ氏が創業。
ペドロCEOが応援していたサッカーチーム・ボアヴィスタは、ポルトガル1部リーグで優勝するほどの強豪だったが、やがて3部リーグに降格。
当時スイスに住んでいたペドロCEOはスタジアムに行くしか試合を観戦する手段がなく、mycujooのように時間や場所に縛られない配信プラットフォームの必要性を感じたという。

mycujooという名前は、古代中国のフットボールゲーム「Cuju」に由来。これにfootballの「o」と、サッカーがみんなのものであることを示す「my」を加えたとしている。

創業当初3人だった社員は、現在50人以上。本社はオランダのアムステルダムで、シンガポール、リスボンなどにも拠点を置く。

「テレビで放送されなくてもその試合を見たい人は必ずいる。それが10人だろうが10万人だろうが関係なく、mycujooを通していつでもどこでも観戦できる。
これまで解決策がなかったサッカー界のニーズに応えている」(同社)

テレビや他の配信サービスなどがメジャーな人気コンテンツで視聴者を集める中、同社は「サッカーファンのニーズに応える」ことに忠実であろうとしているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000028-zdn_n-sci&p=2

3 :首しめ坂 ★:2018/07/13(金) 08:53:53.35 ID:CAP_USER9.net
■「なでしこリーグ」契約に奔走した日本人

日本に目を向けると、同社はなでしこリーグ、北信越フットボールリーグ、関東フットサルリーグなどと契約を結んでいる。
2018シーズンは、なでしこ1部リーグや、新潟県に拠点を置くサッカー専門学校・高等部である「JAPANサッカーカレッジ」のホームゲームなどを中心に配信するという。

なでしこリーグとの契約に奔走したのが、シンガポール拠点でアジア地域のパートナー支援を行う辻翔子さんだ。
辻さんは17年10月にmycujooへ入社。アジア各国のサッカー協会(現時点で29協会)を相手に、コンテンツ配信や収益化のフォローなどをしている。

現在シンガポール拠点で働く辻さんは、サッカー元日本代表の宮本恒靖さんも卒業したスポーツの大学院「FIFAマスター」(国際サッカー連盟が運営)を修了しており、
そこでの経験が今の仕事につながっているという。

早稲田大学でスポーツ文化を学び、ア式蹴球部女子部(サッカー部)では選手としても活動した辻さんは、スペイン・マドリードの大学院に進学し、バルセロナで就職。
現地のプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」関連の中継や取材に携わってからFIFAマスターに臨むなど、サッカー漬けの日々を過ごしてきた。

FIFAマスターは、経営や法律などスポーツについて幅広く学ぶスポーツ経営の大学院(国際修士)。
英国、スイス、イタリアの3カ国を移動して受講するなどなかなかハードで、辻さんは23カ国のクラスメートと1年間共に生活したという。

実はペドロCEOもFIFAマスターの卒業生。「社内や各国のサッカー連盟にも卒業生が多く、そのネットワークの強さを改めて実感している」(辻さん)

辻さんは「韓国のKリーグやイランサッカー協会の試合を配信できるのは、その機関で働くFIFAマスター同期の存在が大きかった」と説明。
「いま30カ国以上のパートナーをサポートしているが、仕事の仕方やサッカーに対する姿勢は国によってさまざま。FIFAマスターでの経験が生きている」(辻さん)

大学卒業後は海外で暮らしていたため、「日本で活躍する先輩、同期、後輩の試合を見る手段がなかった」とし、
「日本国内ですらなでしこリーグの試合がほとんど放送・配信されていない事実に衝撃を受けた」と振り返る。

自身を含め、なでしこリーグの試合を見たい人は国内外に必ずいるはずと、入社後最初にアプローチしたのがなでしこリーグだった。
いまはライブ配信の個別サポートなどを行っている。「なでしこリーグのライブ配信を通じて、世界中になでしこの試合を見たい人がたくさんいることが分かった。
審判を務める友人からも、ライブ配信のおかげで自分が担当した試合をあとから分析できるようになった、とうれしい連絡もあった」(辻さん)

■世界の公式サッカー、8割以上は配信されない?

mycujoo全体では、今年は1万4000試合の配信が目標。まだ放送や配信されていない、世界各国の未開拓コンテンツをさらに拡充していく考えだ。

辻さんは「世界で行われている公式サッカー試合のうち、8割以上は放送・配信されていないというデータがある。
日本でもビーチサッカー、フットサル、女子サッカー、育成年代のサッカー、地域リーグと、開拓されていないコンテンツがたくさんある。
いまは沖縄県八重山サッカー協会からも声が掛かっており、(mycujooの)ポテンシャルは十分あると感じている」と意欲を見せる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000028-zdn_n-sci&p=3
6 :名無しさん@恐縮です:2018/07/13(金) 08:55:55.80 ID:48LiaOUu0.net
Jリーグ DAZNが2100億円で配信
Kリーグ 無料配信

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国紙がイニエスタ&F・トーレスの日本参戦に反応「Jリーグのスターマーケティングが本格化した」 2ch「どこがスターだよ」「ACLは罰ゲームだしな」「韓国バスケあるんじゃないの?」

1 :3倍理論 ★:2018/07/12(木) 11:45:49.94 ID:CAP_USER9.net
サガン鳥栖は10日に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの加入を発表した。5月には同代表でロシアW杯にも出場したMFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸入りを果たした。相次ぐ大物選手の加入に韓国紙『スポーツソウル』は、「Jリーグのスターマーケティングが本格化した」と言及している。

1984年生まれの同い年であるイニエスタとF・トーレスの加入は、日本のみならず、世界中で大きな話題を呼んでいる。中国リーグやアメリカのメジャーリーグサッカーといった候補がありながらも、最終的に日本を選んだスペインの2選手。しかし、『スポーツソウル』は2選手の選択を懐疑的な目で見ているようだ。

「鳥栖は降格圏に沈み、神戸も上位進出に課題を残している。その中で2選手が移籍を決断したのは決して容易ではない」とし、「鳥栖、神戸のどちらも来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場も不透明だ」

一方で同紙は、Jリーグが最近こういった世界的な選手たちの移籍に積極性を見せる理由を分析。Jリーグが「2016年にイギリスのパフォームグループとの間で巨額の放映権を結んだこと」を挙げた。「Jリーグは10年間で合計2100億円の放映権を締結した。そのため、Jリーグクラブは財政的な余裕があり、本格的にスターマーケティングの展開を始動させた」とその要因を説明している。

続けて、「そのスター選手加入は早くも効果を得ている」と分析し、「イニエスタのJリーグデビュー戦となる試合には、すでに1カ月半前からチケット全席が売り切れになっている。来たる11月10日のヴィッセル神戸とサガン鳥栖の試合は、イニエスタとトーレスが対決するというだけあって、すでにかなりの関心を集めている」と、大物選手加入の効果に言及。

イニエスタとF・トーレスの選択には懐疑的な目を向けながらも、最終的にはこのマーケティングによって「確実にJリーグの認知度は高まっている」と称賛の言葉を送っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000006-goal-socc
13 :名無しさん@恐縮です:2018/07/12(木) 11:49:41.82 ID:jAD1QbSq0.net
Jリーグに憧れてKリーグに名称変更した

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい