ブログランキング
ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
おーぷん2ちゃんねる
おすすめ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログパーツ

軍事

米韓空軍、合同軍事演習「マックスサンダー」実施 2ch「中国様激オコw」「ブラックサンダー」「ゾイドにいなかったっけ」

1 :みつを ★:2017/04/21(金) 23:24:35.90 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3125978?act=all
(リンク先に動画あり)

【4月21日 AFP】北朝鮮情勢が緊迫化する中、米空軍と韓国空軍が韓国・群山(Gunsan)で、合同軍事演習「マックスサンダー(Max Thunder)」を行っている。マックスサンダーは朝鮮半島(Korean Peninsula)で行われる定例の空軍演習としては2番目の規模とされ、両軍の相互運用性の向上を目的とした継続的な訓練計画の一環として年1回実施されている。20日撮影。(c)AFP

2017/04/21 17:05(群山/韓国)
2 :名無しさん@1周年:2017/04/21(金) 23:25:46.65 ID:+eVYzXaF0.net
マックスマラ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国軍 対北ミサイル防衛の中核兵器開発=来年にも配備 2ch「来年じゃ間に合わないぞ」「来年じゃ意味なくない?」「来年韓国は存在していない」

1 :ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/04/16(日) 20:36:01.05 ID:CAP_USER.net
韓国軍当局が北朝鮮の弾道ミサイルを下層で迎撃する韓国型ミサイル防衛(KAMD)」の中核、中距離地対空誘導弾(M-SAM)システムの開発を終え、早ければ来年にも実戦配備する。軍関係者が16日、明らかにした。

同関係者によると、M-SAMはすべての試験評価を終え、行政手続きだけを残した状態だという。

韓国軍の中距離の地対空ミサイル「天弓」を改良したM-SAMは高度約20キロで敵の弾道ミサイルを破壊する「直撃型」の迎撃ミサイル。テストでは約10発の模擬弾道ミサイルを正確に迎撃したという。

軍当局は今年後半に防衛企業とM-SAM量産に関する契約を締結し、2018~19年にかけて実戦配備する計画だ。

当初は20年代前半に配備する予定だったが、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が高まっていることから大幅に前倒しした。

M-SAMが配備されれば、開発中の長距離地対空誘導弾(L-SAM)と共にKAMDの中核となる。

韓国軍は今後、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)、在韓米軍に配備される米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」と結合させることで多層的なミサイル防衛体系を築き、ミサイルの迎撃能力を最大化させる計画だ。

韓国軍の中距離の地対空ミサイル「天弓」。M-SAMは天弓を改良したもの


聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/04/16/0900000000AJP20170416000800882.HTML
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/04/16(日) 20:38:17.53 ID:0hgTg6Eq.net
自衛隊は馬鹿
自前の弾道ミサイルも巡航ミサイルも無いから、迎撃テストもできない

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

日中が武力衝突したら、中国は「わずか5日」で日本を打ちのめす=中国報道 [H29/4/13] 2ch「日本の米軍基地はスルー」

1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/04/13(木)18:07:05 ID:???
日中が武力衝突したら、中国は「わずか5日」で日本を打ちのめす=中国報道

 米国には「ランド研究所」と呼ばれるシンクタンクが存在する。米国の宇宙開発、情報処理、人工知能やまた教育関連や健康、
裁判、環境とエネルギーなど実に様々な分野について研究を行うシンクタンクだ。

 またランド研究所が研究を行う分野の1つには「戦争シミュレーション」も含まれているが、中国メディアの捜狐が
11日付で掲載した記事は、ランド研究所が行った「日本と中国の武力衝突に関するシミュレーション」の内容を紹介している。

 記事は、ランド研究所が行なったシミュレーションの予測として、もし日本と中国の間で武力衝突が発生した場合、
「中国が日本を打ち負かすのに必要な時間はわずか5日間」、「東京は中国によって占領されることになる」
との結果が出たことを紹介。またランド研究所は日中の武力衝突は中国による「一方的な結果」に終わる可能性が高いため、
米軍は出動しない方が良いと注意を促しているとも説明した。

続き サーチナ
http://news.searchina.net/id/1633582?page=1

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 68◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491031073/622
6 :名無しさん@おーぷん:2017/04/13(木)18:18:37 ID:SN5
日本からのODA全部返したのか?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

米空母打撃群が朝鮮半島へ [H29/4/9]

1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/04/09(日)10:51:19 ID:???
米空母打撃群が朝鮮半島へ
2017.4.9 10:03

 【ワシントン共同】米海軍当局者は8日、原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群が
シンガポールから朝鮮半島に向け航行していると述べた。核開発・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮を
けん制する狙いがある。

続き SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170409/mcb1704091003003-n1.htm
7 :名無しさん@おーぷん:2017/04/09(日)11:02:34 ID:uu4
北朝鮮も、反撃は軍事施設のみにピンポイントって行ってるから、今回はマジでアメリカやるかもな。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

米軍警戒、北VXミサイルで数千人~数万人犠牲も 政府関係者危惧する「暴発シナリオ」 2ch「生物兵器=在日チョン」「北朝鮮もソープランドあんの?」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 12:35:47.13 ID:CAP_USER.net
 日米同盟が、北朝鮮の弾道ミサイルへの対抗戦略を緊急構築しつつある。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の狂気の指示で、弾道ミサイル4発が同時発射されたことは、間違いなく「新たな段階の脅威」だからだ。

 日米が重大警戒する、猛毒の神経剤VXをはじめとする生物化学兵器を搭載したミサイルが直撃した場合、数千人から数万人が犠牲となる可能性があるという。国会は「平和ボケ」した審議を続けていていいのか。ジャーナリストの山口敬之氏が核心に迫った。

 「国連安全保障理事会の決議に違反し、事前通告もなく発射する国がわが国の近隣にある。政府は、こうしたことを事前に防ぐことが最大限、大事なことだ」

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、北朝鮮が6日朝、北西部の東倉里(トンチャンリ)からミサイル4発を発射したことを受けて、こう危機感をあらわにした。

 同時発射されたミサイル4発は、北朝鮮が公表した映像の分析などから「スカッドER」(射程延長型)だと分かった。4発のうち3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に、さらに1発は日本国土に最も接近した海上に落下したことも確認された。

 これが日米の関係者に与えた衝撃は少なくなかった。最も深刻なのは、ミサイル迎撃の難しさだ。

 発射直後、日米韓当局者の間では「ロフテッド(高角度)軌道で打たれた」「5発打たれたが、1発は発射直後に爆発した」「本来であれば射程1300キロほどの新型ミサイル」など、矛盾する情報が錯綜(さくそう)した。初期情報の混乱は、ミサイル迎撃の難しさを如実に示している。

 ミサイル迎撃は、まず射出時のミサイルから発生する高温を赤外線衛星が探知し、その発射方向と加速度から軌道を計算し、その想定軌道に向けて迎撃ミサイルを発射する。

 スカッドERは、ロケットのような発射台から打つテポドン系とは異なり、TEL(移動・直立・発射)車両と呼ばれる移動式発射台を利用するため、そもそも迎撃が難しい。今回のように4発同時発射された場合、「現在の迎撃システムが対応できるのは半数以下」という専門家も少なくない。

 初期情報の混乱を考えれば、4発のうち3発程度が北朝鮮が狙ったターゲット付近に着弾する可能性が高いことになる。

 ミサイル迎撃システムの処理能力の限界を超えた「飽和攻撃」が懸念される場合、まず問題になるのは、北朝鮮がどのような弾頭をいくつ持っているかということだ。

 最も懸念されるのはもちろん核弾頭だ。

 米軍高官は昨年12月、ワシントンで「北朝鮮は核の小型化に成功しているものと考える」と発言した。これは、核弾頭をミサイルに搭載可能な1トン程度にまで軽量化したことを意味する。

 ただ、これで核ミサイルが完成したわけではない。弾道ミサイルの場合、ターゲットに核弾頭を撃ち込むには、大気圏に再突入した弾頭が高温に耐え、起爆装置を正常に機能させる必要がある。

 北朝鮮が弾頭部を防護する「再突入体」の技術を確立できたかどうかについては、専門家の意見は分かれている。再突入体の技術を確立したとしても、大量の核弾頭を保有しない限り、前述の「飽和攻撃」を実施することはできない。

 そこで注目されるのが、生物化学兵器だ。

 4発のうち1発を核弾頭とし、残りの3発に生物化学兵器を搭載して同時に発射すれば、3発が日本の国土に到達することを覚悟しなければならない。安全保障上の深刻な危機といえる。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170315/plt1703151130001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170315/plt1703151130001-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170315/plt1703151130001-n3.htm

>>2以降に続く)


金正恩氏(共同)

2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 12:36:04.50 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

 マレーシア当局は、正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)暗殺事件で、北朝鮮外交官の関与を発表するなど、正恩氏の指示で工作機関が実行した疑いが高まっている。同事件では、地球上で最も毒性の強いといわれるVXが使われた。

 北朝鮮はVXのほか、サリン、炭疽(たんそ)菌といった生物化学兵器を少なくとも5000トン保有しているというデータもある。サリンは高熱で毒性を失うが、VXは熱耐性が高く、兵器として十分機能する可能性があるとの指摘もある。

 現在、日本政府が極秘裏に行っているシミュレーションによれば、東京や大阪などの人口密集地にVXミサイルが着弾すれば、その強烈な毒性と残存性から、数千人から数万人が犠牲になる可能性もあるという。

 最高レベルの緊張状態が続く北朝鮮情勢だが、政府関係者が「最も危険」とみているシナリオは以下の通りだ。

 米軍の「斬首作戦」「限定空爆」など先制攻撃を察知した正恩氏が追い詰められて、日本にはミサイルの飽和攻撃を、韓国には軍事境界線越しに砲撃の嵐を浴びせるという、「暴発シナリオ」である。在日米軍基地のみならず、日本の大都市圏を狙った核ミサイル、VXミサイルが発射されないとは言い切れない。

 政府には、被害を最小限にするための情報開示、避難誘導のあり方を早急に確定することが求められる。

 国会も「平和ボケ」から脱して、国民の生命と財産を守るための審議を期待したい。

 ■山口敬之(やまぐち・のりゆき) ジャーナリスト。1966年、東京都生まれ。90年に慶應大学卒業後、TBSに入社。報道局に配属され、ロンドン支局、社会部、政治部、報道特集プロデューサー、ワシントン支局長などを歴任。16年5月に退社し、フリージャーナリストとして活躍。著書に『総理』『暗闘』(ともに幻冬舎)など。

(おわり)
4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/15(水) 12:39:31.83 ID:KHvXcuFy.net
ミサイル完成の北チョンにとって

ヘタレ日本は人質ニダヨwww

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮 「米原子力空母に照準合わせている」 2ch「戦争は近い」「米帝!ナツカシス」「追尾式のミサイルなの?」

1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 11:13:53.49 ID:CAP_USER.net
米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」が始まったのを受け、北朝鮮が警戒と非難の度を高めている。

朝鮮中央通信は14日、米原子力空母「カール・ビンソン」やイージス巡洋艦を中心とした空母打撃群の動静を伝えつつ、
「われわれを先制打撃しようとする米帝の無分別な企図が実際の行動に移されている」と非難。

そのうえで「原子力空母をはじめとする米帝のすべての戦略資産はわが軍隊の強力な超精密打撃手段の照準鏡内に入っている」とし、
「軽挙妄動すべきではない」と威嚇した。
http://dailynk.jp/archives/85043
4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/14(火) 11:16:30.23 ID:XJ8IPMbp.net
「強力な超精密打撃手段」すごいですねw

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国が次世代ステルス戦闘機「殲20」を実戦配備 2ch「黒煙吹くステルス」「飛ばなければステルス」「中国製レーダーに映らないステルス」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/10(金) 01:09:48.52 ID:CAP_USER.net
 【北京=西見由章】中国国営中央テレビ(CCTV)は9日、中国の次世代ステルス戦闘機「殲(J)20」が空軍に実戦配備されたと伝えた。J20の配備が公式に確認されるのは初めて。

 J20は中国側が米軍の戦闘機F22を意識して開発した国産戦闘機。2011年に試作機の初飛行を実施し、昨年11月には広東省で開かれた航空ショーで初めて一般公開され、デモンストレーション飛行を行った。

 全国人民代表大会の開会期間中に配備を明らかにしたのは、国威発揚の意図もありそうだ。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170310/mcb1703100101027-n1.htm
5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/10(金) 01:16:56.94 ID:0Q9pz+U+.net
次世代ステルス戦闘機ww
 
レーダー基地もまともに機能してないのにぃ~
 

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国軍事予算伸び「7%前後」初の1兆元突破へ 2ch「維持費だけでジリ貧」

1 :(^ェ^) ★:2017/03/04(土) 13:53:57.66 ID:CAP_USER9.net
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170304-OYT1T50103.html

 【北京=蒔田一彦】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の傅瑩フーイン報道官は4日、北京の人民大会堂で記者会見し、5日開幕の全人代に提案される2017年の「国防予算」(軍事予算)の対前年比伸び率が「7%前後となる」と明かした。

 具体的な予算額は明らかにしなかったが、昨年の軍事予算(中央政府分)は前年実績比7・6%増の9543億元(発表時レートで約16・2兆円)となっており、今年は1兆元を初めて突破することが確実となった。

 中国の軍事費は1989年以降、世界同時不況が影響した2010年を除いて2桁の伸びを続けていたが、昨年は6年ぶりに1桁にとどまっていた。習近平シージンピン政権は自国経済の減速傾向が顕著になる中、国内外からの批判を意識して、今年も軍事費増大を一定程度抑制したものとみられる。
4 :名無しさん@1周年:2017/03/04(土) 13:55:14.79 ID:WsluC+uk0.net
中国には飢えている民はもういないの?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

米韓が最大規模の合同演習「フォールイーグル」開始 空母やステルス戦闘機を投入 金正恩氏も「戦闘準備強化」を指示 2ch「そのまま斬首作戦に突入しよう」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 01:30:52.53 ID:CAP_USER.net
 【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は1日、韓国と周辺海域で朝鮮半島有事に備えた合同野外機動訓練「フォールイーグル」を開始した。米原子力空母カール・ビンソンも投入され、約31万7千人を動員した昨年と並ぶ過去最大規模となる見通し。2月に新型中距離弾道ミサイルを発射するなど、核・ミサイル開発を加速する北朝鮮を圧倒的軍事力で牽制する。

 マティス米国防長官は1日、韓国の韓民求国防相との電話会談で「米国や同盟国へのいかなる攻撃も撃退する」と強調。米軍の迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備の推進も確認した。

 演習は4月下旬まで続き、聯合ニュースによると、在日米軍基地の最新鋭F35Bステルス戦闘機も初投入されるという。

 有事の際の米軍の増援や指揮系統をシミュレーションする「キー・リゾルブ」も13日に開始される。キー・リゾルブでは、北朝鮮の核・ミサイル基地への先制攻撃を含む「4D作戦」を適用するとみられる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩朝鮮労働党委員長が平壌を防衛する朝鮮人民軍部隊を視察し、米韓演習に対抗し、「戦闘準備の強化」を指示したと伝えた。同通信は2月28日の論評で、演習が続く限り「核兵力を中核にした(北朝鮮の)先制攻撃能力は強化されるだろう」と主張した。

 正恩政権は4月25日の軍創建85年に合わせた大規模な軍事パレードを準備しているとも伝えられる。

http://www.sankei.com/world/news/170301/wor1703010048-n1.html
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/02(木) 01:35:12.97 ID:IvfQrpb1.net
事実上の在韓米軍引き上げのお別れ会か

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国、マッハ5〜10の次世代極超音速兵器を開発 高速で滑空、日韓ミサイル防衛を突破 実験は米より先行 [H29/2/26] 2ch「ODA兵器か…」「超音速で”滑空”……」

1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/02/26(日)16:47:27 ID:???
中国、マッハ5〜10の次世代極超音速兵器を開発 高速で滑空、日韓ミサイル防衛を突破 実験は米より先行 

 中国人民解放軍のロケット軍が、日本や韓国などに配備されているミサイル防衛を突破するために、
射程の短い極超音速兵器を開発している。中国の軍事動向に詳しい専門誌「漢和防務評論」(本部カナダ)がこのほど報じた。

 この兵器は「極超音速滑空飛翔体」と呼ばれ、マッハ5〜10の速度で飛ぶ。核兵器に代わる次世代兵器とされ、
米国やロシアも開発にしのぎを削っている。開発が進めば日本の防衛システムが無力化される恐れがある。

続き 産経ニュース/共同通信
http://www.sankei.com/world/news/170226/wor1702260021-n1.html
4 :名無しさん@おーぷん:2017/02/26(日)16:51:31 ID:F9L
日本もいつまでもぬるいこと言ってる場合じゃないわなぁ。
つーか、平和平和言ってる連中は家の前にあるヤクザがどんどん重武装してるの何も思わんのかねぇ。
自分たちだけは中国に友好的だから助けてもらえるとかおもっとるんかいな?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

安倍外交、通じたのか…トランプ大統領「北朝鮮ミサイル被害国」に日本だけ指名 2ch「韓国なんて知らんだろ」「為替問題でも韓国無かったし」「北チョンも下チョンも同じ扱いw」

1 :蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 15:08:10.17 ID:CAP_USER.net

▲(ワシントンAFP通信)ドナルド・トランプ米国大統領と訪米中の安倍晋三首相は11日(現地時間)、フロリダ州パームビーチで緊急記者会見を開き、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く糾弾した。

(ソウル=聯合ニュース)チョ・ジュンヒョン記者=ドナルド・トランプ米国大統領が23日(現地時間)行ったロイター通信とのインタビューで北朝鮮のミサイルの脅威を受ける国として日本だけあげてその背景が注目される。

トランプ大統領は北朝鮮のミサイルと関連、「非常に危険ですでに数年前に何らかの措置が取られていなければならない懸案だ。非常に危険な状況だ(very dangerous situation)」とし、「日本に非常に不公平だ(very unfair to Japan)」と話した。

ロイター通信が公開した資料を見ればトランプ大統領は北朝鮮ミサイルの被害国に言及する際に、このように日本だけ取り上げ論じた。

これについてある外交消息筋は24日、「韓国は当然(北朝鮮ミサイルの)最大の直接当事者なのであえて取り上げ論じない場合がある」と話した。また、去る12日、北朝鮮が発射した中長距離ミサイル'北極星2型'は射程距離が最小1千200キロ水準と評価されるので日本が最も敏感に受けとるる側面も考慮されたとみられる。北極星2型は高角発射時、韓国を打撃できるが額面上の射程距離では米国と米国の同盟国・日本が最も敏感に反応する懸案という分析が可能だ。

さらに去る12日、発射のニュースがトランプ大統領と安倍晋三総理が晩餐中に打電された点も影響を及ぼしたと見られる。首脳外交の空白状況である韓国に先立ち、日本がトランプの耳を先行獲得した効果が出たという見解も存在する。

去る10日(現地時間)ワシントンで開かれた米日首脳会談と後に続いた首脳間のゴルフ会合などで安倍総理は自国が中国、北朝鮮について感じる安保脅威を十分に刻印したことが奏功したという分析だ。ある外交消息筋は「日本がトランプ大統領に北朝鮮ミサイルの脅威について集中注入をしたことにトランプが配慮した側面がありえる」と話した。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 安倍外交通じたか…トランプ'北ミサイル被害国'日本だけ地名
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/02/24/0200000000AKR20170224070100014.HTML
4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/02/24(金) 15:10:53.50 ID:uy2TOl5O.net
韓国は内通してるからな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

米中が激突する日は来るか 韓国・済州島で建設中の海軍基地を中国海軍が使用する可能性も 2ch「済州島にテポドンが落ちるのか」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 03:29:27.80 ID:CAP_USER.net
 国際政治学者のイアン・ブレマーが率いる米ユーラシア・グループは、毎年1月に「世界の10大リスク」を公表している。世界各地で政治・経済・社会的なリスクの可能性を独自の視点で評価しており、各国の外交官たちが注目するリポートだ。

 そこで今年最大のリスクとして挙げたのが「わが道を行く米国」だ。「米国第一」を掲げるトランプ大統領が誕生し、米国がこれまで果たしてきた国際的な役割から手を引く事態の危険性を指摘した。

 そして2番目のリスクが「過剰反応する中国」である。今年秋には中国指導部の交代が予想されている。米国などからの対外的な圧力をはね返す強いリーダーシップが求められる中で、国際的に強硬姿勢を示す恐れがあるという。

 こうした両国の動きを暗示したのが、昨年12月の米台首脳による対話だ。大統領選に勝利したトランプが台湾の蔡英文総統と電話で会談したものだが、米国は中国と国交を樹立した1979年以降、台湾とは外交関係を持たなかった。就任前とはいえ、次期米大統領が台湾のトップと異例の会談をしたことは中国には衝撃的だった。

 これを受けて中国は今年1月、空母「遼寧」を台湾海峡に向かわせた。遼寧は台湾を取り囲むように航行する動きをみせたが、これは米台に対する明らかな示威行動だろう。その後、大統領に就任したトランプは今月、中国の習近平国家主席と電話で会談し、中国側の求めに応じる形で「『一つの中国』政策を尊重する」と確認した。

 中国の面目は一応保たれた形だが、米中という2つの大国が今後、どのように向き合うかは、日本の外交・安全保障とも密接に関係する。今月の論壇誌は、緊張感が高まる米中関係をこぞって取り上げた。

 安全保障戦略コンサルタントの北村淳は「南シナ海ではアメリカが劣勢」(Voice)で、中国が南沙諸島で人工島を相次ぎ建設したことで米中の軍事バランスが崩れ、「米国は南シナ海で中国との軍事衝突を極力避けなければならない立場にある」と分析する。

 中国は南沙諸島で7つの人工島を建設し、3つの本格的な航空基地をつくり出した。国際司法はこれを不法と断じたが、軍事上は中国が優勢だという。このため、北村は「当面は米中が南シナ海で激突する可能性は限りなく小さい」と予測する。

 文芸春秋は「米中が激突する日」で、軍事面を含めた中国の動きを対談形式で分析した。渡部悦和元陸将は「米軍にはもはや1996年の台湾海峡危機当時のような圧倒的優位はない。(中台関係が緊迫化しても)本当にトランプ氏が台湾のために来援するのだろうか」と疑問を投げかける。

 一方で日本の尖閣諸島周辺でも中国の脅威が高まっている。伊藤俊幸元海将は「一番想定されるのが中国の武装漁民が上陸してそのまま居座るパターンだろう。平時でも一定の武力行使ができる『領域警備法』のような法律を整備すべきだ」と提案する。

 外交評論家の岡本行夫は「(中国との衝突などの)事態が生じないようにする意味で、日米安保体制の強化が重要だ」と強調する。そして「日米安保の抑止力の根幹は、周辺諸国にどのような心証を与えるかという問題だ。日米が緊密に協力していれば、誰もが『下手な真似をすれば安保条約が発動される』と思うだろう」と訴える。

 トランプは安倍晋三首相との首脳会談で、尖閣諸島も安保条約の適用範囲であると明言した。その意味で日米外交は上々のスタートを切ったといえるが、米国が安全保障を貿易の取引材料に使う懸念は払拭されていない。

http://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230005-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230005-n2.html
http://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230005-n3.html
http://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230005-n4.html

>>2以降に続く)


共同記者会見する安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領。初の首脳会談で結束を確認した=10日、ワシントンのホワイトハウス(共同)

2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 03:29:43.83 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

 それをトランプ政権の人脈から検証したのが「覇権国の宿命」(WiLL)だ。国際政治学者の中西輝政は「ティラーソン国務長官は中国に警戒的な動きをみせるが、人脈的には共和党中枢の親中派につながる人物だ」と警鐘を鳴らす。

 対中強硬派を演じながら、実は「隠れ親中派」だったレーガン大統領の役割をトランプが意識しており、中国を本当に抑えられるかが注目されるという。中西は「日本は『台湾や南シナ海では中国と取引するな』と声を上げないとならない」と注文する。

 中国の脅威を韓国との関係で論じたのが評論家の江崎道朗だ。「中韓接近!済州島に中国基地ができる日」(正論)で「韓国の朴槿恵政権が倒れれば、さらに反日反米を強める左派政権が誕生し、日米韓の同盟から韓国が離脱する恐れが出てくる」と警戒する。

 江崎は「済州島で建設中の海軍基地を中国海軍が使用する可能性がある」とも指摘する。そうなれば今後、日本にとって対馬海峡が防衛ラインとなり、新たな防衛戦略を迫られることになりそうだ。(敬称略)

(おわり)
5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/02/24(金) 03:44:30.54 ID:gwH3v8vO.net
中国って「ならずもの国家」に近いと思う

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

軍事研究タブーは「百害あって一利なし」? 中国、北朝鮮からの危機にされされながら…世界と乖離する日本学術界

1 :<#ー@д@> ★:2017/02/21(火) 07:24:07.55 ID:CAP_USER.net


 軍事研究が「タブー」のままでいいのか。防衛省が大学や企業などを対象に研究費を助成する公募制度をめぐり、研究者の間で議論が起きている。過去の戦争への加担を反省し、日本の学術界は軍事研究と距離を置いてきた背景があり、「防衛省の研究への参加=戦争に加担」といった極端な〝軍事アレルギー〟を示す研究者も少なくない。すでに公募参加の禁止を決めた関西大などの例もある。

 ただ、科学と軍事の研究境界線はあいまいな部分が多く、世界を見渡せば、相互に協調して技術力や防衛力の向上につなげている国が目立つ。日本の大学の国際競争力低下の背景には、研究資金不足や学外との共同研究の少なさもあるとされる。「自衛レベルの研究は許されるべきだ」「軍事研究は兵器研究ではない」-。現実に即した対応を求める声も上がりつつある。(細田裕也)

浮上する「現実論」

 「平和利用の哲学がない科学技術は凶器だ」「このままでは世界中から不信感を抱かれる」

 2月4日、東京都内で開かれた科学者の代表機関である「日本学術会議」のシンポジウム。接近する学術と軍事の現状などをテーマに、内外からの意見を聴取するために開催されたのだが、参加者からは批判的な声が次々と上がった。

 議論の的は、防衛省の公募制度「安全保障技術研究推進制度」。防衛分野にも応用可能な研究を支援しようと平成27年度に創設された。防衛省の外局・防衛装備庁がテーマを決めて募集する。同庁によると、研究には3年間で最大9千万円を支給するが、2年間で153件の応募があり、19件が採択された。政府は来年度の予算案に今年度(約6億円)の約18倍となる約110億円を計上している。

 この制度をめぐり、学術会議が揺れているのだ。

 戦時中、大学が戦争に加担したとの反省から、学術会議は終戦5年後の昭和25年、「戦争目的の科学研究には絶対に従わない」とする声明を発表。42年にも同様の声明を出し、多くの大学が軍事研究と距離を置くきっかけとなった。

 一方、声明発表後の社会情勢の急激な変化から、「自衛権の範囲内での研究は認めるべきだ」との現実論も研究者に急浮上。昨年、学術会議は安全保障と学術に関する検討委員会を内部に設け、声明見直しの検討に乗り出したのだが、冒頭のような「軍学共同」に対する否定的な意見はいまなお根強い。

 学術会議の大西隆・豊橋技術科学大学長が検討委の設置当初、「自衛隊の活動目的にかなう基礎研究を大学で行うのは許容される」と表明したことに対し、シンポでは「会長自ら声明に違反している。抜け道をつくろうとの姿勢が見える」といった批判が続出。大西会長が「会長としての判断と学長としての判断は別」と応じた。

 検討委は4月の総会での結論を目指して審議を続ける方針だが、着地点は見えていない。

関西の国立大や「関関同立」の対応は

 公募制度に距離を置く大学は関西で少なくない。

 関西大は昨年12月、「人類の平和・福祉に反する研究活動に従事しない」とする研究倫理基準に従い、学内の研究者による応募を禁止した。関西学院大も「軍事開発や人権抑圧など反人類的内容を目的とする研究教育は行わない」との倫理基準を設けており、「この基準に抵触するとみられ、応募は難しい」と担当者は語る。事実上、応募を禁止しているといえる。

 応募を規制するルールはないが、制度に慎重な姿勢を見せている大学もある。

 「これから全学的な議論を進める方針」とするのは同志社大。公募制度について、すでに学内の関連部署での議論を進めており、関西大のようなルールを設けるかどうかは今後さらに検討するという。

 一方、京都大や大阪大、立命館大は現時点で議論を静観している。公募に応じる研究者が現れれば、各大学が設ける基準などに応じ、慎重に検証する方針。「申請を希望する研究者がいれば、研究内容を総合的に判断する」(大阪大)、「申請を検討した研究者は学内にはいなかったが、今後手を挙げる人がいれば、その都度検討したい」(立命館大)としている。

以下ソース
http://www.sankei.com/west/news/170221/wst1702210004-n1.html
3 :名刺は切らしておりまして:2017/02/21(火) 07:34:30.38 ID:TMoLTaNh.net
戦争アレルギーてのもカルト教みたいだね

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国軍、北朝鮮の新型弾道ミサイル登場で防衛体系の全面見直しが不可避に=韓国ネット「韓国終わった」「対応が常に後手」 2ch「日本は派兵せんからな」「初めから終わってますけどw」

1 :ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 19:44:04.59 ID:CAP_USER.net
写真は南北境界に近い韓国側の都羅展望台。


2017年2月14日、韓国メディア・韓国日報は、北朝鮮が12日に発射した中長距離弾道ミサイル「北極星2型」で以前より迅速かつ秘密裏にミサイルを撃つ能力を備えたことが明らかになり、韓国軍の対応戦略に全面修正が避けられない情勢となったと伝えた。

韓国軍は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を事前に探知し破壊する武器を確保する先制攻撃戦略「キルチェーン」の構築を2023年を目標に進めており、国防部はこれまでに17兆ウォン(約1兆6800億円)の予算を投入している。

しかしキルチェーンが有効なのは、北朝鮮のミサイルに液体燃料が使用されている場合に限られる。

実際、北朝鮮の主力弾道ミサイルである800余基のスカッド・ノドン・ムスダンにはすべて液体燃料を使われており、燃料注入にかかる時間などを考慮すると、米韓の偵察能力によってミサイル発射の兆候を把握できる可能性が高くなるのだ。

しかし今回、新たに固体燃料が使用された「北極星2型」が500キロを飛行、事実上打ち上げが成功したことで、キルチェーンの前提が崩壊した。固体燃料は注入した後、長期間保管できるため、北朝鮮がいつ発射するのか把握するのが困難になるのだ。

特に、北朝鮮は100?200台の移動式発射車両を保有しているとされ、こうしたミサイルが移動しながら発射された場合、その発射地点を予測するのは事実上不可能になる。

このような状況を受け、韓国のネットユーザーからは

「これで韓国は終わった」
「金正恩(キム・ジョンウン)がどんどん軍事力を拡大している中、朴槿恵(パク・クネ)は崔順実(チェ・スンシル)事件で手一杯」
「対応が常に後手に回っている」「防衛産業不正の影響もあるような気がする」

など悲観的な意見が多く寄せられた。

Record china 配信日時:2017年2月14日(翻訳・編集/三田)
http://www.recordchina.co.jp/a163856.html
2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/02/14(火) 19:45:27.45 ID:ZEInReY9.net
すぐに日本に打ち込め m9(^Д^)

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国がフィリピンに武器供与、ミサイルや無人機など総額5億米ドル 2ch「さすが父の国」「フィリピンは反日か」「フィリピンくんwktk」

1 :海江田三郎 ★:2017/02/10(金) 19:34:40.92 ID:CAP_USER.net
http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=355072

中国はフィリピンに対し、年内に総額5億米ドル(約561億円)の武器を販売する。
中国側の提案をロドリゴ・ドゥテルテ比大統領が受け入れた。デルフィン・ロレンザーナ国防省は、すでに誘導ミサイル、
高速艇、無人飛行機などを主とする要望リストを提出。関係者を訪中させたうえで、実物の軍事兵器を見定める予定という。
環球時報が9日、外電情報として伝えた。長期借款を用いて支払う。中国は25年の低利融資を提案したという。
フィリピン同盟国の米国は非難しているものの、中国はフィリピン政府が進める「麻薬撲滅戦争」を支持する立場。
昨年12月には、1400万米ドル相当の武器供与を申し出た。反麻薬と反テロリズムの政策を推進する方針という。
今回の5億米ドルには、中国側が昨年12月に申し出た1400万米ドル相当の軍事援助は含まれていない。
ドゥテルテ大統領は昨年10月の訪中時、軍事・経済面での米国との決別を宣言し、中国を喜ばせた経緯がある。【亜州IR】
4 :名刺は切らしておりまして:2017/02/10(金) 19:37:58.18 ID:u/bIQfsq.net
日本のミサイルは戦争になるから拒否
中国のミサイルなら平和だから受け入れってか

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国の技術導入したトルコの戦車が量産できない理由に、韓国ネットはため息と自虐[H29/2/3] 2ch「黒豹て(笑)」「トルコどうするの?」「それだけ問題が多い訳やね」

1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/02/03(金)18:29:24 ID:???
韓国の技術導入したトルコの戦車が量産できない理由に、韓国ネットはため息と自虐

2017年1月30日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の戦車「黒豹」の技術を導入して開発された
トルコの次世代戦車「アルタイ」(Altay)が核心技術の不在により、量産計画に支障をきたしている。

英国の軍事専門誌IHSジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)などによると、
オーストリアのエンジンメーカー「AVL List GmbH」とトルコのエンジンメーカー「Tumosan」が
締結したアルタイ戦車のエンジン技術協力の契約が最近解除された。
JDWは「両国のエンジンメーカー間の技術協約解除は、トルコの人権侵害に対するオーストリア議会の
制裁措置の結果」と伝えた。

これを受け、トルコの日刊紙ジュムフリイェト(Cumhuriyet)は、
「戦車本体は完成したが、問題は、エンジンがない」とする記事で、
「(政府は)『アラブ諸国がアルタイを買おうと列をなすだろう』と大々的な宣伝をしたが、
エンジンがなく、量産に入れない状況だ」と報道した。トルコ政府とトルコの軍需企業オトカ(Otokar)は、
韓国の戦車「黒豹」の技術を導入してアルタイのボディを完成したが、韓国にはエンジン技術がなかったため、
ドイツMTUと日本の三菱に支援を要請したが拒否され、2015年にオーストリア「AVL List GmbH」と技術支援契約を締結していた。

続き Record China
http://www.recordchina.co.jp/a162398.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/413
3 :名無しさん@おーぷん:2017/02/03(金)18:32:40 ID:UAc
お笑い韓国軍でトルコに迷惑かけるなよw

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい