ブログランキング
ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
おーぷん2ちゃんねる
おすすめ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログパーツ

軍事

米空母、10月に朝鮮半島沖へ展開 2ch「展開して終了w」「訓練して終わりだよ」「日本も空母大和つくろう」

1 :ゆず湯 ★:2017/09/18(月) 17:18:56.79 ID:CAP_USER9.net
韓国国防省は18日、国会の国防委員会で、10月に米空母との合同訓練を実施すると明らかにした。
米海軍第7艦隊の原子力空母「ロナルド・レーガン」(写真)が朝鮮半島沖に展開する見通し=7月23日撮影


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000015-jijp-int.view-000
4 :名無しさん@1周年:2017/09/18(月) 17:19:59.89 ID:6RY92j8V0.net
やはり米韓頼りか…

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮、米韓に警告 「われわれの無慈悲な攻撃が始まった瞬間に、焦土化される。 われわれの警告は口先だけのそら言ではない」 2ch「口先じゃん」「口だけキムチ」「口だけじゃんか」

1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/09/15(金) 12:01:21.74 ID:CAP_USER.net
北朝鮮は、15日朝の弾道ミサイル発射に関してこれまでのところ、公式の反応を示していませんが、
15日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、核・ミサイル開発の進展ぶりを誇示し、アメリカと韓国をけん制する論評を掲載しています。

論評では、米韓両国に対して、「われわれの核兵器は、軍事的挑発と侵略戦争の策動を打ち砕く、正義の鉄拳だ」と主張したうえで、
「われわれのたび重なる警告を無視して、無謀で軽率なふるまいを続ければ、断固たる懲罰の措置を取ることになる」と威嚇しました。

さらに、「われわれの無慈悲な軍事的攻撃が始まった瞬間に、侵略者らの本拠地は完全に焦土化される。
われわれの警告は決して口先だけのそら言ではない」として、強くけん制しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140491000.html

3 ::2017/09/15(金) 12:02:07.30 ID:IZElB0jN.net
何ヵ月ぶりの無慈悲?

4 ::2017/09/15(金) 12:02:34.78 ID:WLK8qpJr.net
月は無慈悲な夜の女王

7 ::2017/09/15(金) 12:03:12.54 ID:vZFXFNOm.net
という
口先だけのそら言

10 ::2017/09/15(金) 12:03:55.73 ID:0agbZ4fa.net
>>1
どの口が言ってんだw
2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/09/15(金) 12:01:58.99 ID:PIuhb/Ff.net
         
 金豚朝鮮はロシアでもないし支那でもない、ここが数カ月が戦略分岐点。       
       

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮の核の背後にイラン?…英「北の独自技術では限界」 2ch「ウクライナもね★」「イランじゃ無くロシアだろ」「ロシアとイランってことか」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/11(月) 03:18:18.41 ID:CAP_USER.net
北朝鮮の核兵器開発の背後にイランがある可能性を英国メディアが伝えた。

英日刊テレグラフは現地時間9日、英国外務省関係者の話として、外務省が過去と現在の核保有国が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の核ミサイル推進を支援したのかを調査中だと報道した。

同紙によると、北朝鮮の核兵器開発を支援したという疑惑を受けている最初の国はイランだ。ロシアもやはり可能性が高い国のひとつとして注目を浴びている。

英国のジョンソン外相は先週下院で北朝鮮の核危機に関する質問を受けこうした外務省の方針を示唆したと同紙は伝えた。

当時ジョンソン外相は、「この国(北朝鮮)が正確にどのように技術的な能力を跳躍させたのかを調査している。過去と現在の一部核保有国が偶然に、または別の方式で役割をした可能性を調べている」と明らかにした。

北朝鮮が主張するように独自の技術で進展を成し遂げたという主張は信頼性が落ちるというのが英国高官の意見だ。

英国のある官僚は「北朝鮮の科学者はある程度能力を備えているが、明確に彼らは(核兵器開発を)完全な真空状態でしているのではない」と話した。

外部勢力の技術的支援なく北朝鮮が現在の核兵器技術水準に到達するのは難しいという趣旨だ。

その上で同紙は北朝鮮と彼らを助けた国のつながりが確認されれば、さらに効果的で実質的な対北朝鮮制裁を取ることができ、新たな外交的方策が開けると説明した。

http://japanese.joins.com/article/253/233253.html


テレグラフは北朝鮮の核兵器開発の背後にイランなど過去または現在核兵器を保有した国が支援した可能性を報じた。(写真=テレグラフ電子版キャプチャー)

9 ::2017/09/11(月) 03:31:34.60 ID:5qtw+RBh.net
イランは、核実験はしたけど、核弾頭ミサイルはやってないだろ!

ロシアの欺瞞じゃね!
ミサイルエンジンはウクライナ!
核弾頭はイラン!
とか(笑)
2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/09/11(月) 03:21:13.42 ID:H6m7KZHW.net
開発資金援助は英国(人)も絡んでいたよね・・・。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮総参謀部が声明 「ソウルや南部地方を同時に打撃する」 2ch「篠塚打撃コーチ」「ソウルを燃やせ!」「後の朝鮮内紛である」

1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/08/09(水) 14:20:51.79 ID:CAP_USER.net
北韓の弾道ミサイル運用部隊である戦略軍は、アメリカのグァムにある戦略的軍事施設に対して
「中距離弾道ミサイルによる攻撃を慎重に検討している」と述べて、軍事的な挑発行為を示唆しアメリカを威嚇しました。

北韓国営の朝鮮中央通信が9日、伝えたところによりますと、北韓の戦略軍は8日付けで声明を出し、
中距離弾道ミサイルの「火星12」でグァム周辺を包囲攻撃する計画を慎重に検討しているということです。

これはトランプ大統領が8日、「北韓がこれ以上アメリカを脅せば、世界がかつて見たことのないような炎に直面することになる」として
軍事的行動に出る可能性を示唆した直後に発表されたもので、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が決断を下せば「いつでも実行される」としています。

北韓戦略軍はこの計画について、「核戦略爆撃機があるアンダーソン空軍基地を含むグァムの軍事基地を制圧、
けん制し、アメリカに重大な警告信号を送る」としており、アメリカの戦略兵器がグァムから韓国に送り込まれて合同演習が行われることに、
北韓は以前から神経をとがらせていたものとみられます。

韓国の合同参謀本部にあたる北韓の総参謀部も9日、声明を出し「アメリカが言及した予防戦争について全面戦争で応じる」としてアメリカを威嚇したうえ、
「韓国に対してもソウルや南部地方を同時に打撃する」と脅かしました。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_IK_detail.htm?No=64651

2 ::2017/08/09(水) 14:22:04.27 ID:t47ih24o.net
コレでヒラマサ五輪は中止決定だな
韓国さん、良かったな・・・!w

7 ::2017/08/09(水) 14:24:24.92 ID:2G9odv7Z.net
くそを世界に撒き散らすような攻撃はできても現実的に侵攻能力はないよな兵力的に
6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/08/09(水) 14:24:15.94 ID:qKe1FfS7.net
北朝鮮全土を同時に攻撃してくれ

て言ってるわけですね^^

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国のステルス戦闘機が超絶進化 軍事評論家「米露に近い戦闘力だ」 2ch「実戦で証明しなきゃ」「カナードつけてる時点で…」「中国と同盟結んだ方がいいな」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/09(水) 15:58:18.21 ID:CAP_USER.net


中国初のステルス機が登場してからわずか6年、ついに中国人民解放軍は国際水準に極めて近い戦闘機の開発に成功したようです。

メルマガ『NEWSを疑え!』では著者で軍事アナリストの小川和久さんが、様々な欠点が指摘されていた初代機「J-20」に次ぐ「J-31」のカタログデータ等を紹介しその着実な歩みを指摘。さらに米軍のステルス戦闘機が備えているNCW(ネットワーク中心の戦い)の能力を中国が手にする可能性についても考察しています。

中国のステルス戦闘機の進化ぶり

7月30日の内モンゴル自治区での中国人民解放軍創建90周年の軍事パレードにJ-20戦闘機の編隊が登場したのを見て、中国の軍事力の近代化について色々と思い出しました。J-20は今年の3月9日に実戦配備されたばかりです。

カタログ・データ的に言うとJ-20戦闘機は次のような諸元・性能とされています。

全長:20.3m全幅:13.88m最大離陸重量:36.3t最大速度:マッハ2.2航続距離:5,500km

大きさから言うと、全長18.92m、全幅13.56m、最大離陸重量38t、最大速度マッハ2.42、航続距離3,000kmという米国のF-22より少しだけ大きい印象です。

最大速度だけでなく、爆弾やミサイルの搭載量などもF-22に引けをとらないレベルにあるようです。

しかし、それはあくまでもカタログ・データのお話。本当に第5世代のステルス戦闘機としての要件を満たしているかと言えば、外見を見ただけで、そうではないことがわかるのです。

まず、コックピットのやや後方に配置されたカナード翼(前翼)。

カナード翼は、カナードと主翼という2つのデルタ翼を接近した場所に取り付けることから「クローズカップルド・デルタ」と呼ばれたりします。カナードとデルタ翼を組み合わせると高い短距離離着陸能力と旋回能力が得られるというメリットがあります。

クローズカップルド・デルタは、サーブ・グリペン、ユーロファイター(タイフーン)、ラファールなどヨーロッパ製の戦闘機に見られる形式で、中国でもJ-10戦闘機が採用しています。

このカナード翼によってJ-20も空戦性能を向上させる狙いがあるのですが、それは同時にエンジン出力の不足を露呈している面もあるのです。

J-20の全備重量36トンという機体に一定水準以上の空戦能力を備えさせようとすれば、かなり強力なエンジンを必要とするのは明らかです。

しかし、J-20が登場した段階では、中国はロシアから導入したSu-27戦闘機のAL-31エンジンを流用している可能性が高く、パワー不足を補うためにカナード翼を採用せざるを得なかったという見方になるのです。

むろん中国も米国GE製のターボファンエンジンの改良を重ねたWS-10Gの開発を進めてきましたから、現在ではエンジンのパワー不足は解消されているかもしれません。

でも、問題は残ります。

せっかくの中国初のステルス戦闘機なのに、カナード翼のせいでステルス性が損なわれるという問題が残るというのです。

ステルス機は正面からのレーダー電波を拡散し、電波吸収材で補うデザインになっていますから、薄いカナード翼など影響はないように思われますが、精度の高いレーダーにかかると、カナード翼がない場合に比べてRCS(レーダー反射断面積)が大きくなり、発見されやすいというのです。

J-20が試験飛行した当時、中国人民解放軍の装備担当の将官にエンジンのパワー不足とカナード翼の問題を指摘すると、あっさりと認めたのにはかえって驚かされました。

「次は強力なエンジンを手に入れますから、カナード翼もなくなりますよ」

はたして、その言葉のとおりになったようです。

J-31戦闘機の登場です。

これもカタログ・データで紹介するしかありませんが、次のような横顔です。

全長:16.8m全幅:11.5m最大離陸重量:25t最大速度マッハ:1.8戦闘行動半径:1,200km

J-20で力不足が問題になったエンジンも、ロシア製のクリモフRD-93を2基搭載していると伝えられ、強化された印象です。

http://news.livedoor.com/article/detail/13449254/

>>2以降に続く)

2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/09(水) 15:58:33.65 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

機体こそコンパクトになったものの、着実に米国のF-35、F-22、ロシアのT-50といった国際水準のステルス機に近づきつつあることは間違いないようです。

ゲーツ国防長官の訪中を狙いすましたかのようにJ-20の試験飛行が行われたのは、いまでも鮮明に思い出すことができます。それが2011年1月。それからJ-31の登場までわずか6年。まだ2機を試験運用している段階ですが、着実な歩みというか、恐るべし中国というか…。

あとは米国のF-35が高い能力を備え、F-22も一定の能力にあるNCW(ネットワーク中心の戦い)の能力ですが、これは中国のデータ中継用の人工衛星の数量や性能に関わる問題があり、こちらはいま少し時間が必要かもしれません。(小川和久)

※初出時より内容の一部を変更いたしました。

image by: plavevski / Shutterstock.com

(おわり)

6 ::2017/08/09(水) 15:59:50.52 ID:ohgBKzhk.net
超絶進化でも米ロに勝てねえのかよ

7 ::2017/08/09(水) 16:00:27.57 ID:683MKGll.net
いや、流石にJ31はネタすぎて…

10 ::2017/08/09(水) 16:02:05.31 ID:BUbL0Fq/.net
捨てるっす。
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/08/09(水) 15:59:14.35 ID:4TFBTsSt.net
うわああ、形まで米軍に寄せてきたwwwwwwww

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

米で激化する対北強硬論、世論調査で「軍事力行使」過半数記録 北ICBM射程、米本土ほぼ全域か 2ch「世論誘導出来上がってきたね」「NSCにボルトン就任したら海鮮だな」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 17:25:11.96 ID:CAP_USER.net
 核・ミサイル開発に狂奔する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権に対する強硬論が米国で拡大している。米メディアの世論調査では、軍事力行使を支持する意見が過半数を記録。対北強硬派のホワイトハウス入りも噂される。

 日本時間7月28日深夜の2度目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を受け、ドナルド・トランプ政権が今後、軍事オプション選択の方向に傾く可能性が高まりつつある。

 「進化する脅威の先に行く能力を高めるためのものだ」。米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」による弾道ミサイル迎撃実験を行ったと米国時間30日に発表した米国防総省ミサイル防衛局のグリーブス局長は語った。

 実験は中距離弾道ミサイルを想定して行われたが、直前に2度目のICBMを発射した北朝鮮を牽制(けんせい)していることは明らかだろう。

 米国内では以前から、北朝鮮への強硬論が高まっていた。米FOXニュースが先月16~18日に実施した世論調査で、北朝鮮の核兵器やミサイル開発を止める手段を聞いたところ、「外交手段だけ」と答えたのは29%で、「軍事力が必要」とした人が55%に上ったのだ。

 4月の調査に比べ、軍事力を必要と考える人は4ポイント増えた。

 さらに、北朝鮮が核兵器開発を続けるのを止めるため、米国が軍事行動を取ることに賛成か反対かを聞いた質問に対しては、51%が賛成と回答した。共和党員に限ると、73%が賛成だった。

 先月28日に発射されたICBMは米東部ニューヨークに到達する可能性も指摘されている。北朝鮮の脅威が高まる中、強行手段に対する支持はさらに高まる可能性が高い。

 トランプ大統領も2回目のICBM発射に関連し、「中国には非常に失望した」とツイッターに投稿し、北朝鮮への宥和姿勢を取る中国への不満をあらわにした。

 米国の対北強硬姿勢は、人事という形でも現れるかもしれない。湾岸戦争などに従軍した経験を持つ陸軍出身のマクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任に、対北強硬派として知られるボルトン元国連大使がホワイトハウス入りする可能性もささやかれているのだ。

 米政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授が説明する。「ワシントンの政治情報を見ていると、THAADの韓国配備費用などをめぐって、マクマスター氏にトランプ氏が激怒し、解任するという噂がある」

 THAAD費用については、トランプ氏が今年4月、インタビューで韓国に負担を求める考えを述べた。だが、マクマスター氏はその後、韓国側との電話会談でTHAADの装備、運営、維持費用を米側が負担するという従来の合意内容を改めて確認したと伝えられた。

 そのマクマスター氏の後釜として名前が挙がっているのがボルトン氏で、島田氏は「ボルトン氏は最近、盛んにホワイトハウスに出入りしている」と話す。

 島田氏によると、ボルトン氏は、軍事的解決の必要性を訴えており、仮にボルトン氏が大統領補佐官に起用された場合、トランプ氏が軍事力行使の考えに傾いたサインだと受け取ることも可能だとみる。

 一方で、軍事的な解決はあり得ず、北朝鮮との対話を主張する意見もある。今後、米国はどう北朝鮮に対峙(たいじ)するのか。島田氏は「北朝鮮や中国は信用できないというのがますます多くの人の意見となっている。金融制裁を強めつつ、ボルトン氏の考えるような方向に進んでいくのではないか」と指摘した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170801/soc1708010013-n1.html

 ロイター通信は7月31日、北朝鮮が発射した2回目のICBMについて、米本土のほぼ全域が射程に入っている可能性があると米情報当局が分析していると報じた。複数の米政府当局者の話としている。

 米専門家は2回目のICBMについて、通常軌道なら中西部シカゴや西部ロサンゼルスに届く射程1万キロ超の可能性があると分析していたが、米政府当局者もこうした分析を追認した形だ。(共同)

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170801/soc1708010030-n1.html


中国への不満を募らせるトランプ氏。北への軍事行動を決断するのか

4 ::2017/08/01(火) 17:28:44.93 ID:cAjrQocJ.net
宣戦布告はもう何百回も受けてるだろうから遠慮せずやっちゃってくれ!w

5 ::2017/08/01(火) 17:31:07.01 ID:aOQyXyJv.net
半島ごと吹き飛ばしてください

6 ::2017/08/01(火) 17:32:14.38 ID:7PrdXPjR.net
北が米にミサイル打ってくれれば
リメンバーパールハーバーⅡが始まるな

7 ::2017/08/01(火) 17:32:47.95 ID:rkfN2l85.net
本来アメリカなんて自分らに楯突いたりしなければ独裁者にだってわりと寛容だろ

9 ::2017/08/01(火) 17:32:54.03 ID:B3sM8UrZ.net
北の一般市民には残念だが、被害を最小限にするには核攻撃やるしかないだろ
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/08/01(火) 17:27:56.49 ID:GCnEby9i.net
北より南朝鮮に一発お願いします

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国2隻目となる次期揚陸艦「天子峰」、海軍へ引き渡し 2ch「一回揚陸してみて」「どこに揚陸するの?」「どこに揚陸する気なんだ?」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 19:42:17.30 ID:CAP_USER.net
韓国防衛事業庁は1日、蔚山(ウルサン)現代重工業から2隻目となる次期揚陸艦(LST-II)「天子峰(チョジャボン)」(LST-687)を海軍に引き渡す予定だと31日、発表した。防衛事業庁は2014年11月1に1番艦「天子峰」(LST-686)を海軍に引き渡している。

天子峰は、海軍が保有していた従来の高俊峰(コジュンボン)級揚陸艦(LST-I)よりも速力および搭載能力が向上している。4500トン規模の天子峰は最大速力23ノットで、130人余りが乗艦できる。

艦内に国産戦闘システムおよび指揮統制システムを備えているため、上陸作戦指揮所の役割を果たすことができる。海兵隊約300人、上陸用舟艇3隻、戦車2台、上陸突撃装甲車8台を同時に搭載できる。

また、艦尾甲板に上陸機動ヘリコプター2機が離着陸できるため、遠距離上陸地点に対する空中強襲作戦も可能だ。海上と空中から同時に戦力を投入する「立体高速上陸作戦」能力を有する艦艇と評価されている。

天子峰は2013年12月、現代重工業が建造を始めて2015年12月に進水した。その後、試運転および国防技術品質院の政府品質保証を経た。今後4カ月間、海軍乗組員の熟達訓練などの過程を経てことし末に就役する予定だ。

現代重工業は天王峰(チョンワンボン)・天子峰に続き、日出峰(イルチュルボン、LST-689)もまもなく海軍に引き渡し、今後同級の揚陸艦をさらに一隻建造する。

海軍は高俊峰級4隻と天王峰級4隻の合計8隻の揚陸艦を保有する計画だ。海軍は敵地に上陸して高地を奪還するという意味で、知名度の高い山の峰の名前を揚陸艦名に決めている。

海軍はまた、独島(ドクト)級強襲揚陸艦(LPH)「独島」(LPH-6111)に続き同級の2番艦を設計中だ。強襲揚陸艦は格納庫と飛行甲板があるためヘリコプターや水陸離着陸機を保管して運用することができる。このためにミニ空母に分類される。

また、小型揚陸艦(LCACなど)を搭載する。2020年までに戦力化が予想される2番艦の艦名は「馬羅島(マラド)」になる可能性が高い。海軍は強襲揚陸艦に韓国海域から最も遠く離れた島の名前をつける。

http://japanese.joins.com/article/859/231859.html


試験航海中の揚陸艦「天子峰」(写真提供=防衛事業庁)
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/31(月) 19:44:38.37 ID:JB1nHW6q.net
これは凄い艦だ
日本はかなわない

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

朝鮮戦争休戦64年 北朝鮮のミサイル発射を各国警戒 2ch「休戦記念に開戦」「ミサイルより漁船の抹殺しろよ」「なんか毎月のように記念日あんなあ」

1 :みつを ★:2017/07/27(木) 06:10:01.90 ID:CAP_USER9.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170727/k10011075931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

北朝鮮は朝鮮戦争の休戦から64年となる27日、先にICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと重ねてアピールし、アメリカとの対決姿勢を強調すると見られます。一方、北朝鮮が再びICBM級の弾道ミサイルの発射に踏み切る可能性があるとして、各国が警戒を強めています。
北朝鮮は1953年に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた7月27日を「戦勝記念日」と位置づけており、国営テレビはピョンヤンで行われた記念のコンサートの様子を26日夜、放送しました。

また26日、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を除く指導部メンバーが出席して中央報告大会が開かれ、パク・ヨンシク人民武力相が「敵が誤った判断をすればアメリカの心臓部に核の先制攻撃を加え、地球上から消し去る」と演説し、アメリカのトランプ政権を強く威嚇しました。

休戦から64年となる27日、北朝鮮では市民を動員して記念の行事や集会などが各地で開かれる見通しで、先にICBM=大陸間弾道ミサイル「火星14型」の発射実験に成功したと重ねてアピールして、アメリカとの対決姿勢を強調すると見られます。

一方、アメリカ政府の当局者は、北朝鮮北西部のピョンアン北道クソン付近で先週から弾道ミサイルの発射に使われる機材を搬入する動きが確認されていることを明らかにしており、北朝鮮が27日にも再びICBM級の弾道ミサイルの発射に踏み切る可能性があるとして、各国が警戒を強めています。

7月27日 4時32分
7 :名無しさん@1周年:2017/07/27(木) 06:12:56.23 ID:Qp71Y8g50.net
やっちゃえ北朝鮮

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮の新型潜水艦は、いずれ海上自衛隊が沈めることになる 2ch「別に撃沈しても問題ないけどな」「日本にやらせて在日は被害者面?」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 20:14:49.78 ID:CAP_USER.net
 北朝鮮海軍の潜水艦が日本海で1週間にわたって活動していると、NHKが23日に米国政府当局者の話として報じた。

 それによると、「潜水艦はディーゼル型のロメオ級で、アメリカの監視記録では、この型の潜水艦の場合、通常、4日程度で活動を終えるが、今回はこれを超えておよそ1週間に及び、これまでで最も長い」という。また、「アメリカ軍はこれまでにない特異な行動だとしてその目的などについて分析を進めている」だと伝えた。

 北朝鮮のこの行動は、何を意味するのか。米軍がまだ分析中だというくらいだから、正確な答えははまだ誰にもわかっていないと言えそうだが、ある程度の推理を行うことはできる。

 ロメオ級は北朝鮮の主力潜水艦だが、旧ソ連で1950年代に開発された旧式だ。

 弾道ミサイルの発射機能は備えておらず、騒音の大きいディーゼルエンジンで航走し、最大潜航可能時間は約半日程度。米軍や海上自衛隊のソナーから逃れるのは難しく、うまく水中に隠れても、空気補充のため浮上した際にレーダーで必ず探知されてしまう。

 つまり、この潜水艦自体は日米にとってまったく脅威にならないということだ。

 では、北朝鮮はなぜこんなことをするのか。すぐに思い浮かぶのは、弾道ミサイル潜水艦の実戦配備に向けた訓練だろうということだ。

 核弾頭を搭載した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射台となる原子力弾道ミサイル潜水艦は、米国やロシアなどにおいては、核戦争勃発時の報復攻撃の柱となることを期待され運用されてきた。水中を自在に動き回る隠密性により、他の核戦力に比べ、敵からの第一撃を生き延びる可能性が高いためだ。

 しかし、ディーゼル推進で静寂性に欠け、長時間の潜航が出来ない北朝鮮の潜水艦に、このような役割を担うことはできない。

 ということは、金正恩党委員長は恐らく、いざという時には先制攻撃に使う目的でSLBMを開発しているものと思われる。

 その使われ方として韓国軍などが警戒しているのが、「防空網潰し」だ。最新鋭の高高度撃撃ミサイルシステム「THAAD」をはじめ、韓国に配備された防空システムは主に北方を監視している。そのため、北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦に背後を取られ、SLBMを撃ち込まれたら迎撃できるかは微妙だというのだ。

 ましてや、撃ち漏らしたSLBMに核弾頭が搭載されていて、防空網に大穴を開けられるようなことになれば、米韓軍の頭上に北朝鮮の核ミサイルが雨あられと降り注ぐ事態にもなりかねないのだ。

 つまり、北朝鮮が今後配備する弾道ミサイル潜水艦には、沿岸から遠く離れて行動する任務が与えられることになる。そのための乗員の訓練が、すでに始まっていたとしてもおかしくはないだろう。

 ただ、北朝鮮のミサイル技術が飛躍的に向上していると言っても、潜水艦の静寂性を保つ技術などについてはそうは行かないのではないか。原子力潜水艦を開発し、安全に運転できるかも未知数だ。

 今後もしばらくは、北朝鮮の潜水艦が日米の監視から逃れられるようになる日はこないだろう。しかし、日本にとってはそのことがむしろ、難題を抱える原因になりかねない。

 日本はすでに、集団的自衛権の行使に踏み込んでいる。同盟国の米軍に核ミサイルを撃ち込むかもしれない潜水艦が目の前を通過しようとするとき、それを先制攻撃して撃沈すべきとする要求を、果たしてはねつけられるのだろうか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240024-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240024-n2.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240024-n3.html


潜水艦に搭乗した金正恩氏
2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/24(月) 20:16:16.28 ID:9pYopouF.net
潜水艦を撃沈するだけの根拠って現状で法改正できても無理やろ

追っ払うのと、浮上させて拘束が限度かと

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国国産戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画 これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ 2ch「出演:中国雑技団」「ガンファイトでもしたいのか?」「空中で止まったらアウトだろw」

1 :名無しさん@涙目です。(アラビア)@\(^o^)/ [US]:2017/07/23(日) 08:37:24.94 ID:1Xidn5aO0.net

ソース動画
https://youtu.be/c1ioiEeE8hM?t=7
から1分33秒まで

映ってるのは中国国産戦闘機「J-10」



操縦は人民解放軍空軍のアクロバットチーム「八一飛行表演隊」

女性パイロットもいる


関係ないおソース
ロシア 最新鋭機「ミグ-35」が初公開(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170719-00000647-fnn-int
ロシアのモスクワ郊外で18日、航空ショーが開かれ、ロシアの次期主力戦闘機候補となる最新鋭機「ミグ-35」が、初めて一般公開された。
最新鋭機「ミグ-35」は、現在、シリアなどに展開している「ミグ-29」の後継機で、レーダーに探知されにくいステルス性能が高く、レーザー兵器も搭載できる。

ミグ社のタラセンコ社長は、FNNの単独インタビューに応じ、ライバルとなるアメリカのステルス戦闘機「F-35」より価格を抑え、アジアやアフリカ諸国へ積極的に輸出する考えを示した。
ミグ社のタラセンコ社長は「F-35などのライバルより効果的だ。機体やサービスの価格が、20~25%安い」と話した。
ロシアは、「ミグ-35」を次期主力戦闘機の候補として、2018年から配備する計画。
2 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [GB]:2017/07/23(日) 08:38:07.80 ID:gF7LJoLx0.net
これ普通じゃね?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立 [H29/7/18]

1 :■忍法帖【Lv=3,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/07/18(火)11:14:10 ID:???
2017年7月18日 5時37分 産経新聞
 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。

 開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国
(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として
防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。(岡田敏彦)

○赤点は誰のせい?
 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が
変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。
この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし
「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を
求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。
 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に
変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。
 現地メディアによると、かつてK2の変速機は、いつまでたっても国産化できず、車体だけが多数完成して倉庫で埃をかぶる状態に
なっていたとされる。そこで韓国政府はドイツ製のパワーパック
(変速機とエンジンが一体化されたもの)を約100台分購入し、なんとか完成させ、軍に納入した。一方で「これでは当初予定していた 
国産化とはいえない」として、その後も変速機(とエンジンを一体化したパワーパック)の国産化にこだわってきた。
 ところが韓国製の変速機は試作したものの試験のたびに欠陥が明らかになり、ドイツ製との「質の差」が明らかになるばかり。
既にドイツ製を搭載したK2戦車は実戦配備され、何の問題も起していないのだ。
 これほど差がつく背景には、歴史的な技術力の蓄積の違いがある。

(中略)…自動車の変速機が国産できるのだから、戦車の変速機も国産できるはずだと−。

livedoorニュース/2017年7月18日 5時37分 産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/13350230/

2 :■忍法帖【Lv=3,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/07/18(火)11:14:22 ID:213
○歴史の違い
 普通乗用車の重量は1トン前後だが、戦車の重量は50トンを超え、変速機など駆動部分にかかる力は幾何級数的に増大する。
ドイツが開発した第二次大戦時最強とされる6号戦車「ティーガー2」の場合、重量は70トン。
エンジンはV型12気筒、排気量23000ccで700馬力と、現代の乗用車とも桁違いだ。

 大戦前の1934年に開発した1号戦車が重量約5・4トン、エンジンは4気筒57馬力だったが、ここから地道な努力を10年重ね、
第二次大戦末の6号戦車開発につながった。ちなみに6号戦車の泣き所の一つは、車体の大重量による変速機(最終減速機)の故障だった。
ただし平和な試験場ではなく、実弾が飛び交い、ろくに整備もできない戦場でのことだったが。これが70年以上前の出来事なのだ。

 ドイツではその後も冷戦期に欧州諸国でベストセラーとなるレオパルト戦車各種を開発するなど、技術と知識が継承されている。
こうした科学力と工業力が基礎にある国こそが、戦車を国産化できるのだ。(中略)

 戦車開発の基本は「走・攻・守」の3要素にある。機動力を上げるためには大馬力のエンジンが必須だが、攻撃力を上げるためには、
大きく重い主砲を搭載しなければならない。一方、防御力を上げるためには分厚い装甲が必要だ。この3つのバランスを整えることは難しい。

 大きく重い主砲を積めば機動力は落ちる。それを補うためには、大馬力のエンジンを積めば問題は解決しそうだが、そうはならない。
大馬力のエンジンは当然サイズが大きくなり、変速機も丈夫で大きなものが必要となる。この「大型化」によって、エンジンと変速機を
防護する(覆う)装甲板の面積が増え、さらに重量が増す。各要素のトータルバランスを考える能力が開発者集団に必要なのだ。

(以下略)
3 :名無しさん@おーぷん:2017/07/18(火)11:17:01 ID:Csj
韓国さんにはK3があるじゃないですかー
レールガンに光学迷彩という「ウリの考えた最強の戦車」のw

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

下着も作れない北朝鮮がICBMを開発できた三つの理由 2ch「農作物も作れないしな」「南もネジを作れないじゃん」「下着を武器にしてるのは南朝鮮」

1 :ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/07/11(火) 15:05:32.58 ID:CAP_USER.net
下着すらまともに作れない北朝鮮が、現代の軍事技術を結集させた大陸間弾道ミサイル(ICBM)をなぜ製造できるのだろうか―。

米紙ワシントン・ポスト(WP)が8日(現地時間)、北朝鮮のミステリーについて分析した記事を掲載した。

WP紙は「孤立した国・北朝鮮が、アラスカまで届くICBMをどうして開発することができたのか」と題する記事で、れんがやガラスなどが不足し、住民の食事や油、下着さえも無く苦しんでいる北朝鮮が、なぜ最先端の軍事技術の一つであるICBMを開発できたのかについて分析した。

WP紙は北朝鮮によるICBMの発射成功について、大きく三つの要因を挙げた。

一つ目は、過去数十年間にわたりICBM関連の科学者を育て続けてきたこと、二つ目は自ら確保した非公式のグローバル金融ネットワークを活用してミサイル開発費用を確保したこと、三つ目は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がミサイル開発に政権の死活を懸けていることだ。

まず、開発を担当する人材はどう確保したのか。北朝鮮専門家のジョン・シリング氏によると、北朝鮮はエジプトやシリアなどから旧ソ連のミサイルを買い付け、分解して再び組み立てるという方法でミサイル技術を培った。1989年にソ連が崩壊すると、北朝鮮は旧ソ連出身のミサイル技術者を集めた。技術者を平壌に呼び、ミサイルの研究だけでなく北朝鮮の人材の教育も担当させた。

開発費用の問題は、北朝鮮が外交関係を積極的に利用することで解決した。開発したミサイルをイランに売り、パキスタンからは核兵器の技術を買った。自ら確保したグローバル金融ネットワークを通じて数億ドルに至る兵器を売買し、開発費用を賄っていたとWP紙は分析した。

北朝鮮は、ミサイル開発に必要な電子部品などを輸入に依存している。WP紙によると、小量ずつ輸入することで他国からの追跡を逃れることができたという。国連の制裁内容には「核・ミサイルなどに直接関係がなければ北朝鮮との貿易を許可する」とあるため、この点を利用したわけだ。こうした方法で北朝鮮は164の国・地域との非公式貿易を通じ、ミサイル開発資金を集めた、というのがWP紙の分析だ。

今年2月に発表された国連の報告書には「高強度の制裁を受けている北朝鮮は、公式の金融網ではなく非公式のネットワークを構築し、制裁を逃れている」と北朝鮮関連の内容が盛り込まれていた。

最後にWP紙は、ICBM開発が成功した最大の要因として「金正恩氏」を挙げた。北朝鮮は故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の時代から核兵器開発を始めたが、当時は優先順位は高くなかった。

金正恩委員長が執権して以降、核開発は最優先順位となり、技術力が急激に向上したわけだ。WP紙は金正日総書記の三男である金正恩委員長が「後継の正統性がない」との批判を覆そうと、力を示すために核・ミサイルの開発という道を選んだ、と分析した。

WP紙は北朝鮮のミサイルの発射体が最大6700キロ飛行して米国アラスカに到達するとしながらも、核弾頭を小型化するためにはさらなる開発が必要との見方を示した。

また「これまでの開発自体が驚きだ」として「弾頭の小型化など必要な技術の完成にはあと数年かかるだろう」と予想した。

アン・ビョル記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/10/2017071002653.html
9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/11(火) 15:10:16.14 ID:wQihbrSD.net
ジャップご自慢の三菱は飛行機も船も車もまともに作れないけどな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

(動画)攻撃ヘリへの高出力レーザー砲の搭載飛行試験が成功 次期朝鮮戦争での実戦投入も視野に 2ch「メガ粒子砲マダー」「次は荷電粒子砲だな」「次は誘導レーザーだな」

1 :名無しさん@涙目です。(空中都市アレイネ)@\(^o^)/[US]:2017/06/28(水) 14:19:22.63 ID:qOU2zy390.net BE:697145802-PLT(15610) BE:697145802-PLT(15610)

攻撃ヘリコプター「アパッチ」にレーザー兵器を搭載する試験に米軍が成功、実戦投入は近いとの予想も

 アメリカ軍が運用する攻撃ヘリコプター「AH-64 アパッチ」に、
レーザー兵器を搭載する試験が行われ、成功しました。レーザー兵器で
武装したアパッチの実戦配備は、比較的速やかに行われると見られています。

Raytheon: Laser strike - A high energy laser mounted on a helicopter shoots a target in groundbreaking test
http://www.raytheon.com/news/feature/high_energy_laser.html

"Laser Apache" Has Successfully Zapped Targets On White Sands Missile Range - The Drive
http://www.thedrive.com/the-war-zone/11840/laser-apache-has-successfully-fried-targets-on-white-sands-missile-range

レーザー砲を搭載したアパッチは、以下のムービーで確認できます。

First-ever helicopter-based firing of High Energy Laser - YouTube
https://youtu.be/qW757uG8Op0

(中略)

 攻撃ヘリに搭載できるミサイルにはサイズの制約があり、
ターゲットに近づきすぎると攻撃ヘリ自体が対空誘導弾などで
撃退される危険があります。また、上空高くからの爆弾を使った
攻撃ではターゲットを絞り込むことが難しく誤爆を伴いやすいという
問題もあるとのこと。このため、攻撃ヘリの攻撃力を高める手段として
レーザー兵器は非常に理にかなっており、今回アパッチに装備された
サイズのレーザー兵器であれば、他のヘリコプターへの転用も
比較的容易であることから、
ヘリコプター用レーザー兵器の開発は活発化しているようです。

http://gigazine.net/news/20170627-laser-helicopter/
2 :名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/06/28(水) 14:22:51.54 ID:GPS6KpvM0.net
韓国軍が北に寝返るのを想定した方がいい。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国、世界最強の対潜水艦技術の開発に成功か…香港紙が報道 2ch「不沈潜水艦か!」「ボロさでは世界最強?」「今の香港じゃなぁ.....」

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 16:37:24.32 ID:CAP_USER.net
2017年6月25日、参考消息は中国が世界最強の対潜水艦技術を開発したとする香港紙サウスチャイナ・モーニングポスト電子版の24日付報道を伝えた。

中国科学院は21日に公式サイト上で「航空用超伝導フルテンソルグラジオメーター」の研究開発に成功したとする文章を掲載した。
この装置は、空中から地下で磁場異常が発生している場所を正確に把握することができるというもので、資源探査、考古学探査、国防の分野で力を発揮するという。
中国地質大学の専門家は「この技術があれば、陸地の鉱物のほかに海中の潜水艦の追跡もできるようになる」と語っている。

記事は「第2次世界大戦以降、対潜哨戒機上に磁場異常探査器が配備されてきた。
しかし、信号の強度を確保するには潜水艦が水面に近づくとともに、哨戒機も可能な限り低空飛行をしなければならなかった」と説明したうえで、上海交通大学マイクロ・ナノ技術研究院の専門家が「新たな装置では従来のものより多くのデータを収集することができるうえ、液体窒素で冷却した超伝導チップを使用したことで信号に対する感度が顕著に高まっている」と解説したことを伝えた。

一方でこの専門家は「現段階で中国が磁場異常探査技術をリードする地位に立ったとするのは時期尚早。
米軍も秘密にしているだけで、類似の設備を開発済みだろう」と指摘している。


http://news.livedoor.com/article/detail/13256227/
4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/27(火) 16:39:25.09 ID:LyzefKZh.net
>>1
>一方でこの専門家は「現段階で中国が磁場異常探査技術をリードする地位に立ったとするのは時期尚早。
>米軍も秘密にしているだけで、類似の設備を開発済みだろう」と指摘している。
日本終わったな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮の高度ミサイル「ロフテッド軌道」 日米が共同対処へ イージス艦など増強検討 2ch「どうせ迎撃できないのに」「北朝鮮更地にすれば全て解決だな」

1 :ばーど ★:2017/06/26(月) 08:00:16.96 ID:CAP_USER9.net
日米両政府は、弾道ミサイル防衛(BMD)態勢を共同で拡充し、通常より高い高度へ打ち上げる「ロフテッド軌道」でのミサイル発射に対処する方向で調整に入った。
北朝鮮が実施した五月のミサイル発射を重視。トランプ米大統領就任後初めてとなる日米外務・防衛担当閣僚の安全保障協議委員会(2プラス2)を七月十四日にもワシントンで開き、主要議題とする考えだ。
政府関係者が二十五日明らかにした。

日本周辺の海上に展開するイージス艦増強のほか、イージス艦に搭載された迎撃ミサイル(SM3)や高性能レーダーを地上配備する「イージス・アショア」の自衛隊への導入を本格検討する。

防衛省によると、北朝鮮が五月十四日に発射した中長距離弾道ミサイルは約八百キロ飛行し、北海道・奥尻島から約四百五十キロの日本海に落下。
高度は過去最高の二千キロ超に達し、ロフテッド軌道で発射されたと推定されている。

ロフテッド軌道で打ち上げられた弾道ミサイルは、高速、急角度で落下するため迎撃が難しく、海上自衛隊や米軍のイージス艦の一隻ごとの防護範囲が狭まるのは避けられないとされる。
これまで防衛省は二、三隻で日本全土をほぼカバーできると説明してきたが、現状では十分に対応できない可能性があるという。

このため日米のイージス艦が共同で警戒監視や迎撃に当たる運用の強化を模索。防衛省はBMD対応のイージス艦四隻に加え、さらに四隻を新造や改修で整備し、八隻態勢の構築を急ぐ。

地上配備型のイージス・アショアは、イージス艦と比べ常時警戒態勢を取りやすい特性がある。防衛省は関連経費を二〇一八年度予算の概算要求で計上する方針。
2プラス2で米側に伝える見通しだ。稲田朋美防衛相はワシントン訪問前にハワイにあるイージス・アショアの実験施設を視察する計画を立てている。

日本のBMDはSM3が主力。日米は防護範囲が広く、命中精度も優れる改良型の「SM3ブロック2A」を共同開発中で、迎撃力向上を図る。

<ロフテッド軌道> 弾道ミサイルを通常より高い角度で打ち上げる軌道。高度が1000キロ超に達することもあるため、落下時に非常に高速になり、迎撃が困難となる。
放物線を描いて飛行する弾道ミサイルは発射角度に応じて軌道が異なり、同じ推進力で発射した場合、高度や飛行距離などに差が出る。
効率的な角度で発射し最大の飛行距離を得る「ミニマムエナジー軌道」や、速度は落ちるが低い角度で打ち出して高度を抑え、近距離に時間的に早く落下させる「ディプレスト軌道」といった種類がある。

配信 2017年6月26日 朝刊
東京新聞 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062602000137.html
4 :名無しさん@1周年:2017/06/26(月) 08:02:58.01 ID:Odcoco+60.net
いつでも殺せる準備した上で防御を充実させる本来の防衛スタイルのアメリカ
常に殴られても我慢して死ぬまで防御して死ぬのが日本

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国軍が開発する新型兵器「停電爆弾」とは? 2ch「停電する電気がない」「ギャラクシー爆弾か」「帰化爆弾なら知ってるw」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/06/12(月) 17:28:51.88 ID:CAP_USER.net
 韓国軍が、北朝鮮の戦争遂行能力を低下させるための新型兵器の開発に取り掛かる方針だと、韓国のYTNが報じている。

 「停電爆弾」とも呼ばれるこの兵器は、導電性の高い炭素繊維を空中で爆発させ、送電線に付着させることで、電力網を麻痺させるというものだ。

 韓国軍は、大量反撃報復作戦のKMPR(Korea Massive Punishment & Retaliation)を実現させるために、この兵器の開発を進める方針だ。

 有事の際に電力網を麻痺させることで、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の指揮連絡体制を無力化させられるというわけだ。

 ちなみに、北朝鮮の電力事情は非常に劣悪であることで知られている。

 特に、渇水で水力発電所が稼働できなくなる冬季の電力事情は最悪で、何ヶ月も電気が供給されないことはざらにある。

 北朝鮮当局は、水力発電所の建設を各地で進めているが、手抜き工事により、稼働できない事態が起きている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170612/soc1706120021-n1.html


米NASAの宇宙飛行士スコット・ケリー氏が宇宙から撮影しTwitterに投稿した夜の朝鮮半島の画像。中央の大きな光が韓国のソウル、その若干左上の小さな光が平壌。それ以外の北朝鮮は闇夜に包まれている。(画像:Twitter)
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/12(月) 17:29:44.47 ID:xVKh3oPf.net
ソウルが大停電 に100000000ヲン

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい