ブログランキング
ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
おーぷん2ちゃんねる
おすすめ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログパーツ

国防

「防空の空白地域」小笠原諸島に移動レーダー配備へ 防衛省、中国空母の監視強化 2ch「環境破壊だな」「レーダー置いたのだれーだー」「レーダーだけか領海侵犯したら撃て」

1 :ガーディス ★:2018/04/02(月) 07:47:11.66 ID:CAP_USER9.net
 防衛省が、外国機の領空侵犯・接近を監視する航空自衛隊の移動式警戒管制レーダーの展開基盤を小笠原諸島(東京都)に整備することが1日、分かった。同諸島周辺は空自の固定式警戒管制レーダーが置かれていないため、「防空の空白地域」で移動式の展開で空白を埋める。太平洋への進出を常態化させている中国の軍用機や空母「遼寧」に対する警戒監視態勢を強化することが不可欠と判断した。

 小野寺五典防衛相は平成26年4月の参院外交防衛委員会で、小笠原諸島など太平洋側の島嶼部には固定式レーダーなどの警戒監視部隊を配置していないとして「防空態勢の面で空白地域となっている」と答弁。防空態勢のあり方を検討するとも述べた。

 一方、南西諸島は宮古島(沖縄県)に空自の固定式レーダーを置いていただけで陸上自衛隊部隊などが配置されておらず、「部隊配備の空白地域」とされてきたが、28年3月、日本最西端の与那国島(同)に陸自沿岸監視隊を配備。空自の移動式レーダーも展開させることにしており、空白は解消されつつある。そのため防衛省は28年度から小笠原諸島で電波環境などを調べる適地調査に着手。当面は固定式レーダーを配備するのではなく移動式レーダーを展開させる方針を固め、展開候補地の絞り込みに入った。

 候補地が決まれば、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」と31年度からの「中期防衛力整備計画」に移動式レーダーの展開基盤を整備すると明記する。小笠原諸島に移動式レーダーを展開する部隊は入間基地(埼玉県)の第2移動警戒隊を想定している。

 小笠原諸島は要衝に位置し、防空態勢の整備は中国への抑止力と対処力を強化する上で急務の課題だ。

 中国は有事の対米防衛ラインとして設定した九州-台湾-フィリピンを結ぶ第1列島線について25年7月に早期警戒機が沖縄本島・宮古島間の空域で突破し太平洋に出たことが初めて確認された後、同空域の通過を常態化。28年12月には遼寧が沖縄本島・宮古島間を通過し太平洋に進出した。

 中国は小笠原諸島-グアム-パプアニューギニアを結ぶ第2列島線までの防衛ライン拡大を目指しており、小笠原諸島での防空態勢の穴を放置すれば、中国軍機や遼寧の艦載機が領空侵犯などで威嚇と挑発を強める恐れが強い。


http://www.sankei.com/smp/politics/news/180402/plt1804020003-s1.html
3 :名無しさん@1周年:2018/04/02(月) 07:48:17.54 ID:Htn8qb9f0.net
レーダーは積極的に配備していいよ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

空自のF35A、三沢基地に到着 北朝鮮への警戒監視強化 2ch「青森県から北朝鮮ってあんた」「北と言うより中露用じゃないかな?」「練馬駐屯地にもB型を配備してくれよ」

1 :孤高の旅人 ★:2018/01/26(金) 13:27:47.44 ID:CAP_USER9.net
空自のF35A、三沢基地に到着 北朝鮮への警戒監視強化
1/26(金) 12:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000551-san-pol

 航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が26日、国内で初めて、空自三沢基地(青森県)に配備された。

 小牧基地(愛知県)をたち、午前11時ごろに三沢に着陸した。空自は平成30年度中にさらに9機を三沢に配備し、計10機で飛行隊を編成。領空侵犯への対応や北朝鮮の警戒監視活動に当たる見通しだ。

 F35Aは老朽化したF4戦闘機の後継機で、全長15・6メートル、全幅10・7メートル。米ロッキード・マーチン社製で、レーダーに映りにくいステルス性が高いのが特徴だ。空自は最終的に計42機の取得を計画している。

 小野寺五典防衛相はこの日の記者会見で、F35Aに関して「近年、周辺国が航空戦力の増強を急速に進める中、優れた能力を持つF35の配備は安全保障上極めて大きな意義がある」と述べた。

関連
【軍事】航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機「F35A」、三沢基地に26日初配備
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516681515/
4 :名無しさん@1周年:2018/01/26(金) 13:29:53.02 ID:RFASkx5r0.net
初期作戦能力を得るまでに約一年半ぐらいか。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国軍機 特異な飛行事例が増加 2ch「中国軍も暇だからな」「・・・「飛行してるっ!」」「やはり中国の金は底を尽き始めている」

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/01/20(土) 20:44:37.69 ID:CAP_USER9.net
中国軍機による特異な飛行事例が増えていることがわかった。
防衛省は19日、2017年4月から12月までに、外国の軍用機が日本の領空に異常接近し、航空自衛隊が「緊急発進」いわゆるスクランブルをかけた回数は、736回だったと発表した。
前の年度の同じ時期に比べて、147回減っており、中国軍機へのスクランブルが、247回少ない、395回にとどまったことが大きな要因となっている。
一方で、2017年12月、初めて対馬海峡を通過するなど、中国軍の戦闘機による特異な飛行事例が23件と、前の年度の同じ時期に比べ、ほぼ倍増していることもわかった。
防衛省は「自衛隊などの活動に関する中国軍の情報収集は、依然として活発に行われている」とみて、引き続き、警戒監視に万全を期す方針。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180120-00000517-fnn-pol
4 :名無しさん@1周年:2018/01/20(土) 20:47:44.48 ID:Gz93lKYM0.net
中国といいソ連といい半島といい
東ユーラシア大陸は強欲の基地外が住む国

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国海警局の船3隻が日本の領海に相次ぎ侵入。海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続ける 2ch「この国もうダメだな」「防げ、シナの沖縄侵攻!」「早く尖閣に灯台つくれよ」

1 :記憶たどり。 ★:2017/11/29(水) 11:30:43.47 ID:CAP_USER9.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239501000.html

29日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に
相次いで侵入し、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、29日午前9時すぎ、尖閣諸島の魚釣島の沖合で
中国海警局の船3隻が日本の領海に相次いで侵入しました。

3隻は午前9時20分現在、魚釣島の北西およそ21キロの日本の領海内を
航行しているということで、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。
一方、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた別の1隻は、
28日午後6時ごろにこの水域から出ました。

尖閣諸島の沖合の日本の領海に中国海警局の船が侵入したのは今月2日以来で、
ことしに入って合わせて27日になります。
7 :名無しさん@1周年:2017/11/29(水) 11:34:54.96 ID:TeeLN8hj0.net
中「どうせ何もできひんから行けるとこまで行ったろやないかーい」

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

日米印3カ国が日本海で初の共同訓練 北朝鮮・中国を牽制 護衛艦いなづまが参加 [H29/11/7] 2ch「素直に駆逐艦と言えよw」「いなづまってイージス艦?」「半島排除の訓練は正解だね」

1 :ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/11/07(火)17:21:44 ID:???
 
 産経新聞によると、海上自衛隊が7日に明らかにしたこととして、11月3〜6日、アメリカ海軍の
ロナルド・レーガン、インド海軍の艦艇と、海上自衛隊の護衛艦いなづまが共同訓練を行ったという。

 日米印による日本海での共同訓練は初めて。

 詳細と続きは産経新聞で。

>日米印3カ国が日本海で初の共同訓練 北朝鮮・中国を牽制
2017.11.7 16:53 産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/171107/plt1711070028-n1.html
3 :名無しさん@おーぷん:2017/11/07(火)17:35:53 ID:0NQ
これはかなり素晴らしい。今まではインド洋限定みたいな感じだったしな。
インド政府もかなり思い切ってくれた。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

山口県に宇宙監視レーダー、中国兵器対策 防衛省、月内にも地元へ打診 2ch「宇宙軍創設への第一歩」「山口の空自基地だと防府?」「山口県のどこに設置するか書けよ」

1 :コモドドラゴン ★:2017/11/04(土) 07:13:28.69 ID:CAP_USER9.net
2017.11.4 06:00
防衛省が、日本の人工衛星の運用を妨害する中国の衛星破壊兵器や宇宙ごみ(スペースデブリ)を監視する航空自衛隊初の専用レーダーを山口県に配備することが3日、分かった。既存の自衛隊施設に設置する方針で、今月中にも地元自治体に正式に打診する。レーダーの情報を基に衛星の軌道変更などの対策を検討する分析部門は、都内の空自基地か防衛省本省に配置することを検討している。

 防衛省は平成30年度予算案概算要求に宇宙監視システムの設計費として44億円を計上しており、35年度からの運用を目指す。

 山口県にレーダーを配備するのは、赤道上空3万6千キロを1日で周回し、見かけ上は常に空の同じ場所に位置している静止軌道帯の通信衛星などの周辺を監視することに適しているためだ。山口県は東経131度で、赤道上の同110度から160度にかけて多い静止軌道帯の衛星を監視しやすい。「日本宇宙フォーラム」(東京都)がデブリなどを監視している光学望遠鏡も経度が近い岡山県に設置されている。

 候補地については、周辺に住宅が少なく、レーダーによる電波干渉の影響もない場所にあり、新たに土地を取得する必要のない自衛隊施設を選んだ。防衛省は近く住民説明会も開き、配備に理解を求める。

 衛星破壊兵器やデブリが日本の衛星に近づき衝突する恐れがある場合、衛星の軌道を変えて衝突を回避しなければならない。現状では宇宙航空研究開発機構(JAXA)が日本宇宙フォーラムから収集データの提供を受け、軌道変更などの対応策を講じている。空自はレーダーで得たデータをJAXAと共有し、対応策の検討でも連携する。

 宇宙監視分野では米軍が先行しており、空自は米軍とも情報を共有する。それを踏まえ、分析部門を空自と米軍が共同で使用している横田基地(東京都)に配置する案もある。北朝鮮の弾道ミサイル発射の警戒など人工衛星は安全保障上の重要性が高まる一方、中国は衛星破壊兵器の開発を進め、日本の衛星が攻撃される恐れが強まっている。

http://www.sankei.com/smp/politics/news/171104/plt1711040007-s1.html
5 :名無しさん@1周年:2017/11/04(土) 07:17:36.99 ID:+CG5yTd90.net
京都のレーダーにもデモしてたな
市民団体

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

憲法9条問題について、中国の女性研究者「立派な憲法を持っているのに誰も守らないなんて、中国と似ていますね」 2ch「ナチス中国の分際でw」「え?憲法守ってるやん」

1 :ねこ名無し ★:2017/10/29(日) 09:59:52.86 ID:CAP_USER.net
今年5月3日に安倍晋三首相が公表した、自衛隊の存在を憲法に明記するという「9条加憲」案は、憲法改正論議に一石を投じた。

当初は2020年の改正憲法施行を目指して、今秋の臨時国会で改憲案の審議を始める、というスケジュールが想定されていた。が、「モリ・カケ問題」で内閣支持率が下降するとそれも白紙になった。

そこに突然降って沸いた臨時国会冒頭解散。10月10日公示で幕を切った衆議院議員選挙の論戦で主要争点になるかと思われたが、結局、投開票が明日22日に迫ったこの時点まで、本格的に議論されないままだ。せめて有権者にとって「政権選択」判断のよすがになればと、敢えてこのタイミングで論点整理をしてみたい。

本質に迫っていない各党の公約

そもそも各党の公約やマニフェストでは、憲法9条改正問題についていずれも抽象的な文言を並べるにとどまり、9条問題の本質に迫るものはない。

まず自民党。「国民の幅広い理解を得て、憲法改正を目指します」と記すものの、9条に関しては「自衛隊の明記」と記載するのみ。

連立を組む公明党は、憲法9条1項2項は「今後とも堅持」するとし、自衛隊の存在を憲法に明記するという提案については「多くの国民は現在の自衛隊の活動を支持しており、憲法違反の存在とは考えていません」と否定的だ。

小池百合子東京都知事率いる希望の党は、「自衛隊の存在は国民に高く評価されており、これを憲法に位置づけることについては、国民の理解が得られるかどうかを見極めた上で判断する」とのみで、日本維新の会は、憲法改正の項目で9条について触れていない。

一方、枝野幸男元官房長官が代表を務めるリベラル勢力の立憲民主党は、「専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する、安保法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」を主張しているが、自衛隊については「専守防衛を軸とする現実的な安全保障政策を推進」という立場。

共産党や社民党もほぼ同様で、共産党は自衛隊の存在根拠について明確にせず、社民党は「自衛隊の予算や活動を『専守防衛』の水準に引き戻します」と、自衛隊の存在自体は否定しない。

さまざまな「欺瞞」

論点整理という意味で、8月24日に参議院議員会館で行われたシンポジウム「9条問題の本質。そして、その抜本的な解決を論ずる」(主催・[国民投票/住民投票]情報室)での討論を参考までに紹介する。

パネリストは、ジャーナリストの今井一氏、伊藤塾塾長・法学館憲法研究所所長の伊藤真弁護士、九条の会・おおさか事務局長の吉田栄司関西大学法学部教授、伊勢崎賢治東京外国語大学大学院教授、井上達夫東京大学大学院教授、堀茂樹慶應義塾大学名誉教授の各氏。

そしてコーディネーターに、日本報道検証機構代表の楊井人文弁護士。おおまかに色分けするならば、今井・伊藤・吉田の各氏が“原理主義的護憲論者”で、伊勢崎・井上・堀の3氏が“改憲論者”としていいだろう。

討論の冒頭、今井一氏が主張したのが「解釈改憲」の問題だった。自衛を含むあらゆる戦争をしない、そのための軍隊を持たないというのが憲法9条の本旨だが、現状は世界有数の軍事組織である自衛隊を持っており、かつ集団的自衛権行使の容認など、実態は本旨から大きく乖離している。

しかもこれらが、憲法条文を改正することなく「解釈改憲」によって成り立っていることを、改憲派はもちろん護憲派を名乗る人たちまで是としているのは欺瞞ではないのか――。

つまり9条問題の本質は、日本という国が「戦争をするかしないのか、そのための戦力を持つのか持たないのか」であり、そのことについて国民が主権者として考え、結論を出して初めて具体的に9条をどうすべきか議論するのが筋道だ、と言うのである。

井上達夫教授は「改憲派も護憲派も欺瞞だらけだ」とし、特に護憲派について、9条護持論は憲法を守るどころか公然と蹂躙し、自衛隊という戦力を事実上是認しながら、その憲法的統制を不可能にする最悪事態を固守している、と批判する。

「私生児に対して『認知は絶対にしない』と言いながら、いざとなったら自分を守れという父親だ」という例えも交えた。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51415

>>2以降に続く)

2 :ねこ名無し ★:2017/10/29(日) 10:00:12.56 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

加えて批判は改憲派にも及び、5月の「安倍加憲案」は改憲案の名にも値しない、これでは「戦力でない実力組織としての自衛隊」という欺瞞を憲法で固定化することになり、さらに自衛隊を律する戦力統制規範を憲法に盛り込めないことも重大な問題だ、と指摘する。

国際法を遵守できない

この「戦力統制規範」の問題については、PKO(国連平和維持活動)に現場で携わってきた伊勢崎賢治教授が、国際法の観点から指摘した。

いわく、1999年の国連事務総長告示は、PKO活動において国連自身が紛争の当事者になることを宣言したもの。これはつまりPKO派遣部隊が「交戦」することを容認したものであり、その行為は「戦争のルール」である国際人道法に縛られることになる。

つまり、国際人道法違反は「戦争犯罪」として裁かれなければならない。またPKO部隊として外国に駐留するため、国連と受け入れ国の間で「兵力地位協定」が結ばれるが、派遣部隊による一般犯罪行為の裁判権は派遣国にある。

ところが日本はどうか。自衛隊を憲法で「戦力」と認めていないから、当然その戦力を律する法律もない。だからPKO部隊として派遣されている時に戦争犯罪があっても、任務中に事故があっても、日本にはこれを裁く法律も法廷もない。

これこそ非常識で、非人道的ではないか。しかもこの現実に何の反応もしない国民とはいったい何なのか――。

自衛隊は解体すべし

では“原理主義的護憲派”の論はどうか。

伊藤真弁護士、吉田栄司教授が一致するのが、「自衛隊は違憲の存在」ということ。当然、その根拠法である自衛隊法も違憲、という立場である。

ただ、現に存在する自衛隊については若干の違いがある。伊藤弁護士は、将来的な自衛隊の廃止を視野に入れつつも、それが現実に存在することについては、

「憲法は武装集団に正面から正当性を与えておらず、武力行使をする自衛隊が“違憲かもしれない”との指摘を受け続けることで、常に“9条の外”の存在として緊張関係を保つことに意味があり、そうした形で自衛隊を統制することこそ立憲的な意味がある」とする。

だから9条を改正する必要は全くない、と指摘する。

一方吉田教授は、憲法の前文に注目する。まず、「日本国民は、恒久の平和を念願し、(中略)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあることから、日本が他国を攻撃したり侵略したりしないのはもちろん、

他国からの攻撃や侵略もないことを想定しているという。この想定の下に9条があるわけで、吉田教授は当然自衛権も自衛戦争も否定し、自衛隊は即刻解体して災害救助隊に改組すべきだ、と主張する。

つまり9条はそのままで自衛隊をなくせ、という理屈である。日本が攻撃されない、侵略されないためにはとにかく外交努力、言葉を使っての努力が必要だ、とも加える。

「非暴力抵抗」の覚悟はあるか

この「伊藤、吉田」論への反論として、堀茂樹名誉教授はまず、伊藤弁護士の「自衛隊9条外統制」について、「何と知的に堕落した考えなのか」と批判する。不法移民に対して何ら法的な地位を与えないまま牛耳るのと同じではないか、と。

井上教授は、起こり得る「想定外」のことに対する危機管理システムを想定とは別に考えるのが本来なのだが、吉田教授の言う「攻撃も侵略もされない」という想定「外」について何も言及しないのは無責任ではないのか、と斬り込んだ。

これに対して伊藤弁護士、吉田教授が一致して答えたのは、世界の信頼を得るために武器を捨てることの必要性であり、「非暴力抵抗」を貫くべきだ、ということだった。伊藤弁護士は、「攻撃されたら白旗を揚げる。なぜなら、それが被害を最小限に食い止めることにつながると考えるからだ」と言い切る。

さらに井上教授は、「非暴力抵抗」という考えは思想的に最も徹底していると評価はするものの、

「殺されても殺し返さないという峻厳な自己規制を自発的に引き受けるのは立派だが、その覚悟を日本人全員が本当に持てるのか」

と問いかけ、しかし自分自身の戦争正義論からすれば「非暴力抵抗」は無理だし、日本人自体もそこまでやる気はないだろうとみる。これに同調する形で、堀名誉教授も「侵略されたら白旗を揚げるというのは、同胞の人権を守らないという意味で“悪”だ」と、こう批判する。

「自衛権の放棄そのものが自分の、そして同胞の人権をないがしろにするという意味で、倫理的な問題があると思う。もしそれがまかり通るなら、かつて中国を侵略した日本軍と戦った中国人もけしからん、ということになるのか」

(続く)

3 :ねこ名無し ★:2017/10/29(日) 10:00:23.48 ID:CAP_USER.net
(続き)

また、「非暴力抵抗」そのものについての伊勢崎賢治教授の指摘も興味深い。

「ガンディーが行なった『非暴力抵抗』は国際紛争ではなく、植民地独立という“国内の抵抗運動”だった。国際紛争の解決に『非暴力抵抗』が使われた例はない。これを混同してはいけない」

そのガンディーにしても、「決して戦力は否定しなかった」として、こんな逸話を紹介した。

「独立闘争の最中に日本軍がインドに迫ってきた。『いま独立を認めてわれわれがいなくなったら困るだろう』と宗主国のイギリスは言ったのだが、ガンディーは英国インド軍を武装解除せず、指揮官のイギリス人だけを代えて、インド人によるインド軍として日本と戦う、と答えた」

「中国と似ていますね」

総選挙の争点にはならなかったが、いずれ憲法改正問題は間違いなく国会で議論されることになる。我々有権者も、考察を深める必要に迫られる。

シンポジウムで井上教授は、こんな体験も披露した。

「今年7月、ポルトガル・リスボンで行われた法哲学の国際学会に出席した。ここでぼくは憲法9条問題を取り上げ、“National security and Constitutionalism”という論文を発表し、9条2項を説明した。英語では“land,sea,and air forces as well as other war potential”を全部放棄する、ということになる。

それなのに、日本は世界有数の実力組織を持っている。このことを説明すると、中国の上海から来た女性研究者が、『立派な憲法を持っているのに誰も守らないなんて、中国と似ていますね』と言った。中国の憲法には、表現の自由も集会結社の自由もこれを保障する、と書いてあるのだ、と」

一笑には付せない。

関連記事
北朝鮮が教えてくれた「9条改正」の必要性 スイスより60年遅れで、あたふたする日本
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50990
議員の生存でなく、「日本の生存」を問う選挙戦だ 北朝鮮や憲法9条を争点にしない、ムード選挙は「日本破滅」につながる
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51291

(おわり)

4 ::2017/10/29(日) 10:00:52.21 ID:RYzeF+sT.net
まともに守れる憲法に変更しないとダメだなぁ

8 ::2017/10/29(日) 10:07:47.72 ID:KgAdIokr.net
解釈してるだけです

10 ::2017/10/29(日) 10:07:53.78 ID:fJiFCcZW.net
じゃあ中国にやるから前らが守れ
6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/29(日) 10:03:24.92 ID:KnYhCqP5.net
>>1
その立派な9条をどの国も真似しない不思議

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水 [H29/9/15]

1 :ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/09/15(金)07:44:38 ID:???

 NHKによると、政府の発表として、北朝鮮から発射されたミサイルが午前7時4分頃、日本の領域に侵入、
午前7時16分頃に襟裳岬の東、約2000キロ地点に落下したという。

 ヤフー経由毎日新聞によると、北海道上空から太平洋に抜けた模様という。

 詳細はNHKとヤフー経由毎日新聞で。

>北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水
9月15日 7時32分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011139961000.html

><北朝鮮>ミサイル発射 太平洋へ通過の模様
9/15(金) 7:14配信 ヤフー経由毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000011-mai-int

2 :ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/09/15(金)07:46:22 ID:weR
発射地点は、平壌の順安付近。

>北朝鮮、平壌付近からミサイル発射…韓国軍
2017年09月15日 07時34分 読売新聞【ソウル=中島健太郎】
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170915-OYT1T50006.html
3 :名無しさん@おーぷん:2017/09/15(金)07:51:26 ID:bXM
これでまたニュースはミサイルの話だけになるのか
もう、さらっと流すくらいで良いんじゃねえの?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

日本のEEZ内で中国は“わがもの顔”北船舶は“銃口” 漁業取締船は「丸腰で抗議」だけで見殺しか 2ch「安倍は日本を守らない」「なんのための海保なんだ?」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/05(土) 12:32:59.16 ID:CAP_USER.net
 水産庁によると、武装漁船に相対する漁業取締船には銃器は備えられていないという。今でも出来ることは「丸腰で抗議」するだけという。それでは緊急時には取締船はなすすべはなく危険度MAXになる。見殺し状態だ。それでも国は指をくわえて傍観するつもりなのか。

 7月に入り、頻繁に中国と北朝鮮の船が日本の領海を脅かしている。17日、中国の公船が青森県沖の日本の領海内に侵入したが、この海域で確認されたのは初めてのことだ。15日には対馬や沖ノ島でも、同じ中国公船の侵入を確認している。

 「7日には日本の排他的経済水域にある日本海で、外国漁船の違法操業を取り締まっていた水産庁の漁業取締船が、北朝鮮籍とみられる船舶から銃口を向けられるという事件が起きました。

 現場は秋田県の男鹿半島から西に約500㎞で、北朝鮮船のスルメイカの違法操業が問題になっている水域です。彼らは盗人行為を承知の上でやっているわけで、取締船に対する威嚇・反撃用の銃器を備えているのは、ある意味、当然のことなのです」(北朝鮮ウオッチャー)

 一方の中国は、尖閣諸島海域への中国公安部海警局の公船による断続的侵入が今も続いている。

 「この海域では警察機関である海上保安庁が中国公船に対応していますが、数が多すぎて対処できず疲弊しています。一応、海保が対処できないと認められる場合には、海上警備行動を発令し、海上自衛隊が連携しつつ警察権の行使により対処することになっていますが、中国側は日本が発令しないことを百も承知です」(国際ジャーナリスト)

 2月の日米首脳会談で発表された共同声明では、尖閣諸島は日米安保の適用範囲とされ、米国の防衛義務があることなどが確認された。だが、共同防衛の対象は「わが国の施政下における武力攻撃」に対してだ。

 「日米安保を中国は熟知しています。ですから次のアクションは、大漁船団で襲来する民兵などによる尖閣諸島への上陸です。これは武力攻撃に至らない事態であり、正面からの軍事行動ではないため米国には頼れません。あくまで日本独自で対応しなければならない。

 尖閣諸島の危機に米軍が直ちに反撃してくれると信じている国民がいたとしたなら、それは“幻想”にすぎない。安全保障関連法で手つかずの法制を、新たに整備することが不可欠なのです」(同)

 国際法に基づく判決を“紙切れ”とのたまう中国と、日本海を越えて人さらいという蛮行を行う北朝鮮――。両国に接する日本の覚悟が、今さらながら問われている。日米共同防衛などまさに“絵に描いた餅”ということを肝に銘ずるべきだ。

http://npn.co.jp/article/detail/40025450/

2 ::2017/08/05(土) 12:33:47.72 ID:1lRAX+Ht.net
その分、日本国内にいる中国人と朝鮮人を弾圧させてもらいます

6 ::2017/08/05(土) 12:36:38.10 ID:McR4njPD.net
武装漁船。。。。。
もう戦艦だろうが。。。

強盗を武装スリ団と同じく柔らかい表現に言い換えるなよ!

10 ::2017/08/05(土) 12:41:25.19 ID:go2Tq3E8.net
朝鮮学校の生徒を肉の弾除けにしようぜ

なぁに、死んだところで誰も損しない
3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/08/05(土) 12:33:56.13 ID:fBgCYD7j.net
武装しないと魚みんな奪われるよ?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

電波妨害でドローン阻止 中国の領空侵犯で政府検討 空自の任務を海保が補完 巡視船に装備導入 2ch「数億円?なにそれ高い」「領海侵犯されまくりなのに」

1 :岩海苔ジョニー ★:2017/07/31(月) 06:52:58.97 ID:CAP_USER9.net
 政府が、小型無人機「ドローン」による領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが30日、分かった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置を海保が補完するもので、法的根拠も整理する。

5月に領空侵犯したドローンは、尖閣周辺の領海に侵入した中国海警局の船の近くを飛行しているのを海保の巡視船が発見。尖閣周辺でドローンの飛行が確認されたのは初めてだった。

 海保から連絡を受けた空自のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対応したが、小型のドローンはF15などのレーダーに映らず、パイロットが目視もできないためスクランブル対応を疑問視する声が多い。

 そのため、政府は海保にドローンに対処する能力を保有させる方向で検討に着手し、電波妨害装置の導入が有力になった。ドローンは電波で遠隔操作されるため、その電波を妨害することで飛行を不能にする。海保の巡視船は尖閣周辺を航行する中国海警局の船を常時監視しており、船からドローンが飛行すれば即座に対処できる利点が大きい。

 電波妨害装置は一式につき数億円のものが想定されている。ドローンの飛行阻止に有効か機能を検証するため、先行的に試験導入することも視野に入れる。

 法的根拠は海上保安庁法を改正し、領空の治安を維持するための警察権の行使として必要な措置を取ることができる規定を設ける案が検討される見通しだ。

続きはURL先で
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170731/plt1707310006-s1.html
4 :名無しさん@1周年:2017/07/31(月) 06:56:10.27 ID:PMu1hqd90.net
ドローンに実弾つめてラジコン戦争しちまえ。死人すらでないから

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

尖閣周辺に19日連続で中国船 2ch「安倍のせい」「おい蓮舫何やってんだ」「加計よりこっちの方が重要だろ」

1 :ばーど ★:2017/07/24(月) 11:45:49.49 ID:CAP_USER9.net
沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で24日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。
尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは19日連続。

第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

配信2017.7.24 11:17更新
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170724/wst1707240035-n1.html

関連スレ
【海保】中国、尖閣EEZで泥採取 無許可調査、大陸棚拡張の根拠に利用か
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500767145/
4 :名無しさん@1周年:2017/07/24(月) 11:48:34.66 ID:VApy7Fyr0.net
蓮舫のお仲間人民解放軍

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

大型の巡洋艦に致命傷の攻撃加えられるミサイル艇「はやぶさ」型 建造のきっかけは北朝鮮の工作船事件 2ch「対韓ミサイルも必要」「白く塗装して海保に配備してほしい」

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 20:40:55.59 ID:CAP_USER.net
 ミサイル艇は、対艦ミサイルを主たる武器としており、小型の船体だが、大型の巡洋艦などにも致命傷となる攻撃を加えることができる高速艇だ。

 海上自衛隊では「はやぶさ」型として、「はやぶさ」「わかたか」「おおたか」「くまたか」「うみたか」「しらたか」の6隻配備している。2002年から04年までに就役した。

 建造のきっかけとなったのが、「能登半島沖不審船事件」だ。

 1999年3月23日、日本漁船「第一大西丸」と「第二大和丸」に擬装した北朝鮮の工作船2隻が日本領海内にいた。米国側の情報提供などもあり、海自P-3Cは速やかに発見。その後、海保の巡視船と協力して、大追撃戦を繰り広げた。

 だが、最大35ノット(時速63キロ)以上のスピードで逃げ回る工作船の追跡は困難を極めた。

 自衛隊創設以来初の海上警備行動まで発令し、威嚇射撃を実施したものの、残念ながら取り逃がしてしまった。

 そこで、「今後、工作船に対抗する装備が必要だ」との考えに至った。当時配備していた「ミサイル艇1号」型の後継を建造する計画はあったが、より高速化、重武装化、そして対工作船に重きを置いた沿岸警備強化型とすることが決まる。

 ガスタービンエンジンでウオーターポンプを稼働させ、海水を吸い込み、船尾にある3本のノズルから噴出する「ウオータージェット推進」を動力とした。

 スクリューでは生み出すことが難しかった40ノット(時速72キロ)以上のスピードが出せる。ノズルの向きで操船するため舵もなく、海面を滑るような高速航行が可能だ。

 工作船対処用として、大型の銃架を左右の舷側に1基ずつ配置。ここには対艦のみならず対空にも使える12・7ミリ重機関銃をセットする。

 最終的に工作船を制圧するため、海自の特殊部隊である「特別警備隊SBU」や「立入検査隊」が乗り移る際に使う複合型作業艇RHIBも搭載した。夜間であっても追跡及び記録を可能とした赤外線暗視装置OAX-2も装備されている。

 また、沿岸警備用として、領海に入ってきた敵海軍艦艇と戦うため、射程約120キロといわれる国産の対艦ミサイルSSM-1Bを搭載。敵から発見されにくくするため、船体各所にステルス化を施した。主砲である76ミリ砲の砲塔もステルスシールドで覆われている。

 工作船のみならず、中国海軍から日本領海を守る任務についても活躍が期待されている。

 6隻は、北方の防衛警備を担う余市防備隊(北海道)、日本海の防衛警備を行う舞鶴基地(京都府)、南西島嶼(とうしょ)部の防衛警備を行う佐世保基地(長崎県)の3カ所に2隻ずつ振り分けられている。ミサイル艇がにらみを利かしている相手が、明確に分かる配置といえる。

 ■菊池雅之(きくち・まさゆき) フォトジャーナリスト。1975年、東京都生まれ。陸海空自衛隊だけでなく、各国の軍事情勢を取材する。著書に『こんなにスゴイ! 自衛隊の新世代兵器』(竹書房)、『ビジュアルで分かる 自衛隊用語辞典』(双葉社)など。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170721/soc1707210007-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170721/soc1707210007-n2.html
4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/21(金) 20:43:05.74 ID:J4hhDQFb.net
で、いろいろ装備させたら
駆逐艦になってしまいましたとさ。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国公船、初めて九州北部海域で領海内に侵入…15日 海上保安庁発表 2ch「沈めろよアホ」「いい加減沈めろ」「九州も取る気だぜ」

1 :コモドドラゴン ★:2017/07/16(日) 05:12:20.13 ID:CAP_USER9.net
 第7管区海上保安本部は15日、中国海警局所属の公船「海警」が対馬(長崎県対馬市)と沖ノ島(福岡県宗像市)周辺で日本の領海に侵入したと発表した。九州北部海域で中国海警が領海内を航行したのは初めてという。

 7管によると、15日午前11時50分ごろ、「海警1304」が対馬の南西から東に向かって領海に入り、午後0時20分ごろに出た。また、同日午後3時50分ごろ、この船と「海警2506」の2隻が沖ノ島周辺で領海に入ったと確認された。2隻は午後5時すぎまでに領海から出た。

 7管は、領海に入るのを確認した防衛省からの連絡を受けて巡視船を出動させ、無線で「領海内での無害でない通航は認められない」と呼びかけ、警戒監視を続けた。領海にとどまらなかったことから、領海侵犯にはあたらないと説明している。日本側は、外交ルートを通じて中国側に航行の意図などを確認する「関心表明」をした。
http://www.asahi.com/articles/ASK7H7QS8K7HTIPE03X.html


中国の動き
2 :名無しさん@1周年:2017/07/16(日) 05:14:06.12 ID:bAMxZJbw0.net
日本政府を舐めてるから。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

安倍首相、北朝鮮ミサイル「サリン弾頭可能」「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に北朝鮮は保有している可能性がある」 H29/4/13ん

1 :ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/04/13(木)18:31:17 ID:zxC
 
 時事ドットコムによると、安倍総理は13日の参議院外交防衛委員会で、浅田均(日本維新の会)、
アントニオ猪木(無所属クラブ)氏への答弁で、
 「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に北朝鮮は保有している可能性がある」
 と述べたという。
 日本経済新聞によると、
 「新たな段階の脅威であり、朝鮮半島の非核化は日本が絶対に実現させるべき課題の一つだ」
 と語り、敵基地攻撃能力については、
 「自衛隊が保有する計画はないが、日米同盟全体の抑止力強化のため、常に様々な検討をしていく
 べきものだ」と語ったという。
 詳細は時事ドットコム、日本経済新聞で。

>北朝鮮への圧力強化=安倍首相、サリン弾頭化の能力指摘
(2017/04/13-12:51) 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041300640&g=prk

> 北朝鮮ミサイル「サリン弾頭可能」 安倍首相
2017/4/13 13:39  日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H16_T10C17A4EAF000/
2 :名無しさん@おーぷん:2017/04/13(木)18:52:15 ID:IvM
非核化だけではダメって事?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

岸田外務大臣、ティラーソン米国務長官と電話会談“尖閣諸島は日米安保の適用範囲” 2ch「竹島も日米安保の範囲内だろ」「獨島は韓米相互防衛条約の対象です」

1 :ミントソーダ ★:2017/02/07(火) 09:53:07.02 ID:CAP_USER9.net
 岸田外務大臣は7日午前7時半ごろからアメリカのティラーソン国務長官と初めての電話会談を行い、この中で、ティラーソン長官が、沖縄県の尖閣諸島について、アメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だという考えを表明したことを明らかにしました。

 このあと、岸田大臣は記者団に対し、「世界の平和と繁栄にはアメリカの力強いリーダーシップが必要だ。互いに緊密に連携して日米同盟をさらに強化していくため、不断の努力をしていくことと、近く会談することで一致した」と述べました。

ソース:NHK 2月7日 8時58分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170207/k10010867141000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

関連スレ
【政治】マティス国防長官、安保条約が尖閣諸島に適用されると明言★3
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486131164/
2 :名無しさん@1周年:2017/02/07(火) 09:55:15.23 ID:L/lSC9Ua0.net
こないだ確認したやん。岸田目立ちたかったん?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国軍用機8機(爆撃機6機・早期警戒機1機・情報収集機1機)が対馬海峡上空を通過し東シナ海へ[NHK] 2ch「一つの中国ヤバイある」「中国バブル崩壊近いのか?」

1 :ミントソーダ ★:2017/01/09(月) 21:07:13.45 ID:CAP_USER9.net
中国の爆撃機など軍用機8機が、9日に九州の対馬海峡の上空を通過して東シナ海と日本海との間を往復したのを、スクランブル=緊急発進した自衛隊機が確認しました。領空侵犯はありませんでした。
防衛省によりますと、9日午前、中国軍のH6爆撃機6機やY8早期警戒機1機、それにY9情報収集機1機の合わせて8機が、九州の対馬海峡の上空を通過して東シナ海から日本海に向かったのを、スクランブル=緊急発進した自衛隊機が確認しました。

8機は午後にかけて日本海を北東に進んだあとUターンし、同じ飛行ルートを通って東シナ海に戻ったということです。
この間、自衛隊が警戒監視に当たりましたが、領空侵犯はありませんでした。

対馬海峡の上空では、中国の軍用機が去年1月に2機、去年8月には3機、往復したのが確認されていますが、今回はこれらを上回って、最も多い機数となります。

中国軍は先月、海軍の空母を初めて太平洋で航行させるなど海洋進出を強めていて、防衛省が今回の飛行の目的を分析しています。

ソース:NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170109/k10010833611000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
2 :名無しさん@1周年:2017/01/09(月) 21:07:54.66 ID:mBVaAT1/0.net
中国機 怒りのチキンレースw

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい