ブログランキング
ブログ更新の励みになりますので、一日1クリックお願いします!<(_ _)>
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
おーぷん2ちゃんねる
おすすめ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログパーツ

スマホ

日本の携帯が中国で負けた、誰も言わない本当の理由 2ch「日本で売れないアメ車みたいだなw」

1 :ノチラ ★:2018/05/17(木) 15:01:42.72 ID:CAP_USER.net
誰も言わない
日本の携帯が中国で負けた本当の理由
 私が中国に渡った2001年は、ちょうど中国が“携帯大戦争”に突入した時代である。

 まさに雨後のタケノコのように携帯ショップができ、当時、日本もSONY,京セラ、東芝、NEC……、20社ほどが中国市場に参入していた。

 しかし売り場で見る、日本の携帯はどれもガラステーブルの端に追いやられ、ホコリをかぶっていた。当時、日本と中国では圧倒的な技術差があったにもかかわらず、である。

 当時、その理由を販売員に聞いてみると、

「売れないから。英語だけで中国語が打てないのよ」「使いにくい」「電池の持ちが悪い……」

 私は<えー、それ本当に日本のメーカー製?偽物じゃないか>と思ったが、まさに正規品だった。

中国は、世界市場である。

 日本だと官と企業が一体となり外資参入の壁を高くするが、中国では昔は技術が低かったせいもあり、少なくとも未発達分野の初期は外資を歓迎する(もちろんいろんな技術移転の仕組みはつくる)。

 その中で、他国の各社も最初は実はけっこう“外したもの”を出していた。しかし、彼らはそのうち市場を読みとり、どんどん軌道修正をしていった。

 モトローラもノキアもサムスンもアップルも、中国製のスマホが今のように勃興する前に、少なくとも一度は天下を取っている。アルカテルなどの欧州メーカー(当時)もそれなりにファンをつかんでいた。

 しかし日本だけが、「わが日本のすばらしさを知れ」とばかりに、一般の中国人が好まぬ折り畳み式携帯電話をドヤ顔で押し付けてみたり、いらぬ機能ばかりだったりと、かなりトンチンカンだった。かろうじてソニー・エリクソンの音楽携帯が一部で認知されたが、基本、最初から最後まで外しまくって、ほぼ全社が撤退した。

 中国を撤退する日系企業は多いが、どう見ても負けっぷりが異様である。

 当時、この状態を日本に伝えたいと思い、日本のメディア各社に声をかけたがOKするところはなかった。本で書いたが、読む人は知れている。

 現地の日本の新聞記者に「書いたら?」と言っても、

「駐在員がかわいそうですよぉ。通信規格が違うからですよぉ」

 その後、“通信規格が違う”サムスンが、中国の携帯市場で大勝利した。

 現地では日本の官と日本企業と日本メディアが、それぞれ利益誘導で、押したり引いたりコネコネしてたりで “村社会”をつくり、いろんなことがクローズされる。自分の中国駐在に伴って、現地の日本の海外天下り団体に嫁さんを入れてもらっていた新聞記者もいたぐらいである。

 なぜ日本のメーカーだけが、中国の、いや世界の携帯市場をまったく読みとれず、大きな市場を逃がしたのだろうか。

 答えは日本のメーカーが消費者のマーケットを読む能力をなくしたからである。

 日本の携帯市場は世界でも珍しいキャリア主導である。

日本のメーカーは自分でマーケットを調査し、リスクを取って携帯を開発販売してきたのではない。

 キャリアの仕様通りに製品を作り、納品する。“割り当て”があり、その分は全部買い取ってもらえる。

 今回、この記事を書くのに17年ぶりに日本の携帯(スマホ)市場を見た。すると、あの時中国で惨敗を喫したメーカーのスマホが大手を振っていまだ何社も存在しており、仰天した。

 この“村社会”の仲間だけでパイを分け合う環境に長くいて、世界で勝てるわけがない。日本の大手メーカーが“政府筋の仕事”で、半ば利権団体的存在になっていったのが、敗因である。

 日本が世界で有数のiPhone市場なのも、日本携帯の実力がなかったからかもしれない。
http://diamond.jp/articles/-/170198
3 :名刺は切らしておりまして:2018/05/17(木) 15:04:08.25 ID:Vly7AqJK.net
そら中国語打てなかったら売れるわけないわな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

ZTE、スマホ事業売却か 中国メディア報道、米制裁で生産困難 2ch「楽視が買えば良い」

1 :ムヒタ ★:2018/05/10(木) 12:02:43.63 ID:CAP_USER.net
【広州=中村裕】中国国有の通信機器大手、中興通訊(ZTE)がスマートフォン(スマホ)事業の売却を検討していると中国の複数のメディアが9日伝えた。同社は米国からの制裁により、スマホの自社生産が難しくなっている。売却先には華為技術(ファーウェイ)やOPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)、小米(シャオミ)など中国の有力スマホメーカーが挙がっているという。

ZTEのスマホ事業の2017年の売上高は352億…
2018/5/10付
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30274460Z00C18A5FF8000/
8 :名刺は切らしておりまして:2018/05/10(木) 12:14:22.28 ID:MRyXs8ye.net
売却しても、、もれなく制裁が付いてくるという、まさかのトランプマジックで、連鎖撤退

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

ZTEスマホの販売停止 中国企業、米制裁影響か 2ch「捨て値販売まだですか」「次は中国国内でのiPhone販売禁止だな」

1 :ムヒタ ★:2018/05/08(火) 04:06:14.75 ID:CAP_USER.net
米政府による制裁で経営の先行きが危ぶまれている中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)が、中国国内のインターネット上でスマートフォンの販売を一部停止したことが7日、分かった。

ZTEのスマホは、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。米商務省は4月16日、ZTE米国企業製の通信機器やソフトウエアなどの輸出を禁止する制裁を発表しており、その影響を受けた可能性が指摘されている。

ZTEの自社サイトや、中国の電子商取引最大手アリババグループの通販サイト内の公式店舗ページは「更新中」と表示され、商品が購入できない状態になっている。

ZTEは今月6日、商務省に制裁措置を停止するように申請したと明らかにした。(共同)
2018.5.7 20:19
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180507/mcb1805072019003-n1.htm
4 :名刺は切らしておりまして:2018/05/08(火) 04:16:43.64 ID:F1o4hqDs.net
俺は、ZTE製のフリーテルの安いの使ってる。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

スマホ景気に減速感 「X」失速&中国市場低迷 2ch「ハバラクハバラⅸ」「携帯電話なんな安くてなんぼ」「MAX-MAX-CANNON」

1 :ムヒタ ★:2018/05/03(木) 03:29:56.38 ID:CAP_USER.net
IT(情報技術)景気をけん引してきたスマートフォン(スマホ)に減速感が出てきた。米アップルの高価格機種の販売が伸び悩み、最大市場の中国では1~3月の販売が3割近く落ち込んだ。アップル向けと中国市場を優先し高い収益を上げてきた半導体などのメーカーは戦略の見直しを迫られる。米中摩擦による中国スマホ大手への制裁も逆風になる。

「スマホはピークが過ぎたかもしれない」。スマホ部品を生産するアルプス電気の栗…
2018/5/3 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30112190S8A500C1EA2000/
3 :名刺は切らしておりまして:2018/05/03(木) 03:37:18.10 ID:UC2wu/tn.net
単純にサイクルの問題と、スマホに新しい機能が見られなくなったからだと思う

多分、2年前の機種でもそんなに不便は感じないだろう

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国サムスン 中国スマホ市場シェア0%台の“窮地” 2ch「日本もそうしよ」「日本も見習えニダ」「日本も見習えば?」

1 :ムヒタ ★:2018/05/01(火) 08:22:27.83 ID:CAP_USER.net
韓国サムスン電子が中国のスマートフォン事業で苦戦を強いられている。一時はシェアが20%近くに達し首位に立ったが、今では0%台に急低下。価格性能比の高さを前面に出した現地メーカーに押され、世界首位も中国では風前のともしびだ。中国当局主導の「嫌韓」に端を発した不買の影響だけでなく、技術優位性が薄れたことによる魅力のなさも要因だけに深刻だ。中国市場は世界最大だが、サムスンは頭打ちで撤退観測も浮上する。空前の好業績で経営復帰が近いとされる3代目「総帥」の判断が注目されそうだ。

「オレがサムスンのトップなら、『勇気ある撤退』の準備をするけどね」。サムスンのスマホ「ギャラクシー」の衰退が中国で鮮明になりだした昨秋、こんな意見がインターネット上で流れた。

ハンギョレ新聞(日本語電子版)によると、米調査会社ストラテジー・アナリティックスが4月初旬にまとめた報告書では、2017年10~12月期のサムスンの中国でのスマホシェアは0.8%だった。当初の予想値は1.7%だったため市場関係者を驚かせた。

1~3月期は3.1%をキープしていたが徐々にシェアが低下し、7~9月期に2.0%に急降下。そのまま回復するきっかけがつかめず、中国販売統計を集計し始めた11年以来初めて0%台に落ち込んだ。17年のサムスンの順位は12位に下がり、事実上存在感を失った。
以下ソース
2018.5.1 07:00
http://www.sankei.com/economy/news/180424/ecn1804240046-n1.html
3 :名刺は切らしておりまして:2018/05/01(火) 08:23:25.59 ID:nagzCky8.net
でも世界では3億台売れてますから。
世界で売れている4台に1台はサムスン製品

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国OPPO「スマホ界のトヨタめざす」 日本に上陸 2ch「スマホ版現代」「オッポって名前がチョン臭い」「スマホは糞OSしか無いからな」

1 :ムヒタ ★:2018/04/20(金) 05:44:27.36 ID:CAP_USER.net
「自撮り」が大人気の東南アジア市場で、中国製スマートフォンが存在感を強めている。鍵を握るのは、被写体を「とことん美しく」撮影できる機能。リードするのは自社製品を「カメラフォン」とまで呼ぶ世界5位のスマホメーカーOPPO(オッポ)だ。そのOPPOが日本市場を次の照準と定め、1月に参入した。

美肌機能が売り
ジャカルタの大学生リンさん(22)は昨秋、友人のアディティヤさん(21)にスマホを贈った。OPPO製で価格は日本円にすると2万円弱だ。注目したのは撮影機能で、リンさんは「値段の割に質がいい」。アディティヤさんは、そのスマホで食事や休日の様子を「インスタグラム」に投稿して楽しむ。

OPPOが「カメラフォン」と呼ぶ自社の端末は、ソニー製のカメラ用センサーを採用。撮影対象の肌の色などに合わせた美肌機能を搭載するなど、こだわりのカメラ機能を印象づけて、「自撮り」が大好きな東南アジアの人々の心をわしづかみにした。

調査会社IDCによると、20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
2018年4月19日11時38分
https://www.asahi.com/articles/ASL4H5KGHL4HUHBI01N.html
2 :名刺は切らしておりまして:2018/04/20(金) 05:45:46.27 ID:fZCsx2Um.net
日本以外のアジアで頑張って下さい。

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国スマホ大手のオッポ「日本市場でも主要メーカーに」「若者の心つかむ」 2ch「ポー、オッポ!」「名前が絶望的に無理」「名前が悪いし爆発しそう」

1 :ムヒタ ★:2018/03/23(金) 03:01:24.22 ID:CAP_USER.net
2月に日本で販売を始めた中国の大手スマートフォンメーカー「OPPO(オッポ)」の海外市場担当幹部の黄利国氏は22日、「日本でも若者の心を必ずつかめる」と自信を示し「数年後に日本市場での主要メーカーになりたい」と語った。広東省深センでの日本メディアとの会見で述べた。

オッポのスマホはカメラの性能が高いのが売り。中国のほか、インドネシアやベトナムなど東南アジアで若者を中心に人気がある。

黄氏は「日本での成功は他の市場でのブランド力向上につながる」とも指摘。「成熟市場」の日本で蓄積したノウハウを利用して、欧州や米国市場への進出を目指す考えを示した。

オッポは、契約したどの通信会社でも使える「SIMフリー」の端末を日本で販売。黄氏はシェア拡大に向けて、NTTドコモなど携帯電話大手3社にオッポの端末を採用してもらうよう交渉を進めていると語った。米調査会社IDCによると、2017年のオッポの世界での出荷台数は約1億1千万台で、シェアは4位だった。(共同)
2018.3.22 17:36
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180322/bsj1803221736005-n1.htm
2 :名刺は切らしておりまして:2018/03/23(金) 03:14:04.12 ID:9YR+fyMT.net
名前がダメ
富士通買収してオポチュウにすればポケモンと間違えてゲットするやつ続出

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

スマホ市場「頭打ち」の中、日本に殴り込み 中国OPPOの成算は? 2ch「●(=登におおざと)社長」「参入してくれるのはありがたいな」「これはおっとっとスマホ来ますわ」

1 :ムヒタ ★:2018/03/11(日) 13:28:49.15 ID:CAP_USER.net
情報ツールとして大半の人が手にするスマートフォンの世界出荷台数が初めて減少に転じ、曲がり角を迎えた。国内市場では「らくらくホン」で知られる富士通が携帯電話事業の売却を発表。一方、スマホ世界シェア4位の中国「OPPO(オッポ)」が日本市場参入を果たした。変革期にある一連の動きを追った。

1月31日、東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれたオッポの記者発表会。登壇したオッポジャパンの●(=登におおざと)宇辰(トウ・ウシン)社長はスライドで自社のスマホ「RS11s」を紹介し、同機を手にしてほほえんだ。

オッポは中国市場シェア首位に君臨。2004年の会社設立以降、市街地での看板など派手な広告戦略が奏功し、華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)、vivo(ビボ)といった強豪を追い抜き、巨大市場の中国でナンバーワンに躍り出た。

世界市場でもシェア首位の韓国サムスン、2位の米アップル、3位ファーウェイに次いで4位だ。既に世界30カ国に進出し、満を持しての日本参入とあれば注目せざるを得ないだろう。

オッポは「カメラフォン」と呼ぶコンセプトを掲げ、背面に画素数の異なるカメラを2つ搭載。部屋の明るさや昼夜など環境に応じてベストショットが撮影ができるよう自動的にカメラが切り替わる。写真共有アプリのインスタグラムや会員制交流サイト(SNS)のフェイスブックなどの普及で、利用者はスマホによる写真撮影の機会が急増。オッポはその需要を取り込み、若者を中心に急速にユーザーをつかんだ。

5分の充電で2時間の通話が可能となる急速充電機能やファッション性を高めたデザインも人気の理由で、●(=登におおざと)社長は「長い時間をかけてアピールポイントを研究してきた」と胸を張る。

米調査会社IDCの調べでは、オッポの昨年1年間の出荷台数は世界で約1億1180万台。シンガポールなどアジア市場開拓で奮闘した経験もある●(=登におおざと)社長の自信を裏付ける数字といえるだろう。

しかし、こと日本市場でどれだけ顧客を獲得できるかは未知数だ。

スマホ業界に詳しい青森公立大の木暮祐一准教授は「知名度が低いオッポが日本のユーザーに受け入れられるかはこれからだ」と分析する。

ブランド信仰が強い日本では米アップルのiPhone(アイフォーン)のシェア首位が続く。日本で無名に近い存在のオッポが浸透するには相当な時間が必要とみられている。
以下ソース
2018.3.11 13:13
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180311/bsb1803111313001-n1.htm
3 :名刺は切らしておりまして:2018/03/11(日) 13:32:36.21 ID:N9HRFM6k.net
日本じゃどっかのキャリアと手を組むしかないだろ
楽天とかw

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

LG、中国スマートフォン市場から撤退~競争激化でシェア伸ばせず 2ch「サムスンの撤退も近いアルヨ」「LGはスマホは赤字やからな」「日本メーカーなんか更に無いからな」

1 :ノチラ ★:2018/02/06(火) 20:14:21.28 ID:CAP_USER.net
世界的なスマートフォンベンダーとして名を馳せるLGが、中国スマートフォン市場から撤退することが明らかとなりました。競争が激しく、思うように売り上げを伸ばせないことが原因とされています。
思うようにシェアを伸ばせず

世界最大のスマートフォン市場である中国から、韓国のスマートフォンベンダーであるLGが撤退を決めたのは、予想だにしない出来事というわけではないでしょう。ミッドレンジモデルを強みとしていたことから、コストパフォーマンスに長ける地元ベンダーの台頭を前に苦戦を強いられ、5年前の2013年に約5%だったシェアは減る一方の状況が続いていました。

事実、2016年に中国でLGが売り上げたスマートフォンは16万台ですが、国内市場全体では計4億8,000万台もの出荷があったことを思えば、ほぼ存在しないに等しいと言っても過言ではありません。こうした状況から、LG G6の発売は同国で見送られており、2016年5月にリリースされたLG G5 SEが、最後のLG製スマートフォンとなりました。

今後は小規模展開し、利益が出そうな商品を見極めながら、ブランドイメージの底上げを図る見通しです。
欧米市場に注力はするものの

もっとも、中国市場から撤退したからと言って、LGの業績が大幅に改善するというわけではなさそうです。TechCrunchが公開した画像を見ても分かるように、2015年第1四半期(1~3月)を最後に、LGはスマートフォン市場でほぼ利益を出せていません。

中国のみならず、グローバル市場でも勢いを失いつつある様子は、同社が2月末に開かれる世界最大のモバイル関連展示会Mobile World Congress (MWC)で、LG G7ではなく既に存在するV30+のアップグレードモデルを発表するに留まるとされていることからもうかがえます。
https://iphone-mania.jp/news-202197/
3 :名刺は切らしておりまして:2018/02/06(火) 20:23:12.39 ID:etBcesz8.net
サムスンと違って存在感が全くないからな

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国製スマホは社名を隠した方が売れる?サムスン製品が日本で“証明”=「日本市場は排他的だから」 2ch「iPhone(笑)」「サムスンはいい製品を出し始めたな」

1 :ノチラ ★:2017/10/08(日) 10:43:09.57 ID:CAP_USER.net
2017年10月4日、韓国・ノーカットニュースは、韓国のサムスン電子が自社のスマートフォン製品から社名ロゴ「SAMSUNG」の表示を取りやめたことが、デザイン面での効果だけでなく海外での販売増につながったと報じた。

サムスンはデザイン面での「シンプルの美学」を追求するため、2016年春にリリースしたスマートフォン「ギャラクシーS7」から本体前面への社名ロゴの表示を取りやめている。これに先立ち日本では、15年にリリースされた「ギャラクシーS5」から本体前面のロゴ表示がなくなったが、同社は今年第2四半期(4~6月)に日本のスマートフォン市場でシェア8.8%を獲得し、米アップルとソニーに続き3位に上がった。

この現象について記事は「昨年3.4%まで(同社の日本での)シェアが落ちたことを勘案すれば、(今年6月発売の)『ギャラクシーS8』の製品を除いても、(シェア拡大には)社名表示をやめた効果が大きく影響した」と分析、ブランドイメージなどを消費者に伝えるための社名ロゴが、あるユーザー、ある国ではむしろ販売の障害になった例と紹介した。

このサムスンの「ロゴ消去」は米アップルに続いたものというが、韓国のLG電子も今年からこの流れに加わる。8月、ドイツで行われた世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2017」で初公開されたLGのスマートフォン「V30」には本体前面のロゴ表示がなかった。LGの関係者は「V30はLGのロゴを背面に配置して、画面以外に何も前面にない極限のミニマリズムデザインに仕上げた」と説明している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「すっきりしていていいと思う」「日本市場は外国製品に排他的だからね」「ロゴは格好悪かったから表示をやめて正解」など、ロゴ表示を取りやめたことへの肯定的な意見が寄せられた。

その一方で、「ロゴをなくしたのは戦略というよりも、ディスプレーが大きくなって表示する場所がなくなったからでは?」「ロゴマークを消したこととシェアには本当に関係があるのだろうか?」「言われてみると確かにロゴがないね。今気付いた」「ロゴのことまで気にしている人なんて、ほとんどいないと思うぞ」など、その戦略と効果に懐疑的な声も。

また「プライドを捨てたね」「アップルのまねだな」などとメーカーをやゆするコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/b178593-s0-c20.html
6 :名刺は切らしておりまして:2017/10/08(日) 10:47:54.74 ID:pNTPjAlO.net
海外で散々日本製のフリしてシェア伸ばしてきたのに今更何言ってんだコイツら

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

韓国ネットが「ほぼ韓国製」「結局、韓国産」と誇ったiPhone8が爆発!? 2ch「韓国が導火線として中国の爆弾に」「ダメだよ爆発は中国の技なんだから」「パッカーン、そうiPhoneならね」

1 :紅あずま ★ :2017/10/02(月) 08:57:24.56 9.net
http://www.recordchina.co.jp/b191501-s0-c20.html

29日、韓国・聯合ニュースによると、最近、台湾で販売されたアップルのスマートフォン「iPhone8 Plus」のバッテリーが過熱して爆発する事故が発生した。
この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

2017年9月29日、韓国・聯合ニュースによると、最近、台湾で販売されたアップルのスマートフォン「iPhone8 Plus」のバッテリーが過熱して爆発する事故が発生した。

台湾の新聞社「Apple Daily」は、台湾中部の「台中」在住のウさん(女性)が使い始めて3日の新型「iPhone8 Plus」が、充電中にバッテリーが膨張し爆発した事を伝えた。
事故はウさんがテーブルの上でiPhoneを充電し席を離れている間に起きた。
ウさんは、当時使用していた充電器はアップルから提供されたものと説明している。

また、台湾の新聞社「自由時報」はiPhone8 Plusを購入した日本人がバッテリー膨張など、似た症状を経験したと伝えた。

iPhone8には、韓国製の多くの部品が使われており、聯合ニュースは8日付の記事で、
「iPhone8の販売価格は、アップル社の事実上最大の競合であるサムスン電子をはじめとした韓国メーカーが決定権を握っている」と述べ、
韓国のネットユーザーからも「ほとんど韓国産じゃないか」「ここまできたら韓国製として売り出してもいいくらい」「結局、韓国産スマホってことだね」などの反応が寄せられていたほどだ。

そのiPhone8が爆発事故を起こしたことに、「ほとんど韓国産」としていた意見は影を潜め、「サムスン、LGの立場からしたらうれしいニュースかも」「アップルも終わりだな」「サムスン、反撃の時」「バッテリーは日本製か?」「iPhoneに今、地獄への扉が開いた」など、自国企業のチャンスとする意見が寄せられた。

また、「こんなことまでサムスンを真似てはならない」「爆発するときも、アップルだから感性のある爆発の仕方をしたんじゃないか」などとするコメントもあった。

韓国ネットが「ほぼ韓国製」と誇ったiPhone8が爆発!?=「サムスン、反撃の時」「バッテリーは日本製?」
Record china:2017年10月1日(日) 0時20分
2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/10/02(月) 08:59:30.07 0.net
とうとうiPhoneまで手に掛けたのか…

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

Galaxy S8「韓国で初速絶好調」はサムスン復権の兆しか 2ch「爆発的な売れ行き」「また出たよ出荷台数」「エルボー韓国に文化の薫りがするかw」

1 :ノチラ ★:2017/06/01(木) 22:00:19.67 ID:CAP_USER.net
サムスンの新型スマートフォン「Galaxy S8」と「Galaxy S8 Plus」の韓国内での販売台数が、発売から37日で100万台を突破した。5月28日、サムスンが発表した。

これは「Galaxy S7」の74日、「Galaxy S6」の75日を大幅に上回る記録だ。この成功により、同社は韓国において「Galaxy Note 7」の発火問題によるマイナスイメージを完全に克服したと言える。

調査会社BayStreet Researchによると、米国ではGalaxy S8シリーズの人気は韓国ほどではないが、前作のGalaxy S7とほぼ同量が出荷されたという。キャリアの中で唯一Galaxy S8の大規模な割引セールを実施したスプリントは、Galaxy S7に比べて売上高が30%増加した。これに対し、小規模なプロモーションしか行わなかったAT&Tとベライゾンは前年並み、何も実施しなかったTモバイルは前年割れとなった。

Galaxy S8シリーズは、リリースから6週間でのグローバルの出荷台数が1000万台、販売台数が500万台を突破した。これらの数字は、消費者がサムスンブランドを見放していない証であり、同社も胸をなでおろしていることだろう。

しかし、このペースでS8の売れ行きが伸び続けるかは不明だ。ギャラクシーファンの多くがS8を既に購入しているとしたら、今後は売上の伸びが鈍化する可能性もある。
編集=上田裕資
https://forbesjapan.com/articles/detail/16444
2 :名刺は切らしておりまして:2017/06/01(木) 22:04:00.68 ID:sYCXmy9j.net
まず世界の航空機に持ち込み可能になってから言おうか?

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

世界のスマホ、上位10社の半分は「中国製」の衝撃データ 2ch「カメラはソニーが無双」「俺のスマホは台湾国製」「LGにすら負けるクソニー」

1 :まはる ★:2017/04/28(金) 18:37:59.63 ID:CAP_USER.net
現在、世界では30億人がスマートフォンやタブレットを使用している。その3分の1以上がアップル製品であることは、さほどの驚きではないだろう。しかし、ここで注目すべきは、中国の企業らが恐るべき勢いで力をつけていることだ。

調査企業Newzooのデータによると、アクティブユーザー数で中国のスマホメーカーは合計30.2%のシェアを誇っており、アップルの34.8%に迫っている。中国ではアプリの売上も急増しており、2015年時点で中国の売上は米国を上回った。

2016年に中国人ユーザーのアプリへの支払額は119億ドルに達した。米国人の支払額は94億ドルだった。Newzooによると「売上の開きはさらに拡大している」という。

データではアクティブユーザー数のランキングで、上位10社のうち5社は中国ブランドであることも示された。ファーウェイが5.4%で3位、シャオミやレノボ、OppoやVivoらがそれに続いた。

サムスンはアップルに続く2位で23.5%だった。LGは2.5%で6位。ソニーは2.4%で7位だった。

Newzooのデータは2016年の後期に発表されたが、統計サイトStatistaが4月26日に発表したリポートで注目された。Statistaによると2016年末時点で、世界人口の31%がスマートフォンのアクティブユーザーと推計されるという。そのうちの半数近い49%がアジア太平洋地域だった。最もスマホの普及率が低いのは中東とアフリカで、スマホの使用率は19%にとどまった。

下記にStatistaのサイト上で公開された世界10位までのスマートフォンメーカーを記載する。(カッコ内の数字はグローバルで見たアクティブユーザー比率)

1.アップル(34.8)
2.サムスン(23.3)
3.ファーウェイ(5.4)
4.シャオミ(3.7)
5.レノボ(2.7)
6.LG(2.5)
7.ソニー(2.4)
8.OPPO(2.4)
9.VIVO(2.0)
10.HTC(1.2)

http://forbesjapan.com/articles/detail/16081
2 :名刺は切らしておりまして:2017/04/28(金) 18:41:07.40 ID:cNIcB91B.net
上位10社て、apple, Samsun2強のおこぼれなんて数えても意味がない

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

NYタイムズ「サムスンギャラクシーS8、数カ月待って購入するべき」=中央日報 2ch「敗戦国の嫉妬かよ」「まあ根本的な問題だろうしな」「数か月待つなら他の買うわw」

1 :荒波φ ★@\(^o^)/:2017/04/20(木) 16:01:18.58 ID:CAP_USER.net
韓国国内市場で反響を呼んでいるサムスン電子の「ギャラクシーS8」に対し、米国の専門家の間で「数カ月間待って買うべき」という助言が出ている。

ニューヨークタイムズ(NYT)は18日(現地時間)、サムスン電子が発売した新しいギャラクシーS8を
あらかじめ試用した専門家らの意見を引用し、このように伝えた。

NYTによると、専門家らは
「安全性の心配がまだ解消されていない。スマートフォンの安全に問題がないということを確認するまで待つことを勧める」という意見を出した。

こうした意見を出したのは製品レビューサイト「トムズガイド」のマーク・スプーナウア編集長、ITメディア「シーネット」のジェシカ・ドルコート氏など。

特にドルコート氏は「安全性を信じることができるまで3カ月待つ」と述べた。

2017年04月20日15時34分
http://japanese.joins.com/article/290/228290.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews
2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/04/20(木) 16:03:01.33 ID:5t1I50Jv.net
自殺志願者「今すぐ欲しい」

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

サムスンの「爆発」でシェアを拡大させたのは、Appleではなく中国ベンダー 2ch「iphoneは、ぼったくりすぎ」「Huaweiの車内広告があって驚いた」

1 :海江田三郎 ★:2016/11/21(月) 09:49:48.42 ID:CAP_USER.net
http://iphone-mania.jp/news-145254/
http://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2016/11/40dae5d1bda69de66b6b66774249729c-e1479549525876.png

2016年第3四半期も中国ベンダーの勢いが止まりません。調査企業Gartnerが発表したベンダー別の売り上げ
台数比較では、SamsungやAppleが縮減させたシェアを中国勢が占めるという傾向が明白になっています。

Galaxyの爆発で利益を得たのは中国ベンダー

Samsungが昨年同期比の23.6%から19.2%へと、シェアを急激に低下させた原因は明白です。
Galaxy Note 7の大惨事は、iPhoneの売り上げを500~700万台後押しすると言われていました。
ところがGartnerの調査では、Samsungの失態によってむしろ利益を得たのは、HuaweiやOPPOなどの中国ベンダーのようです。
特にOPPOの活躍はめざましく、前年の3.4%から今年は6.7%へとシェアが倍増しています。この躍進については、
中国で一時流行していたオンラインチャネルでの展開ではなく、実売店舗での販売に力を入れたことが奏功したとされています。

なお、OPPOは5位にランクインしているBBK Communication Equipment(Vivo)傘下なので、見方によっては、
すでにAppleは3位へランクダウンしているとも言えます。ただ、OPPOは販売台数のうち81%、BBKは89%が中国での売り上げによるものです。

ただし営業利益ではAppleが独走
売り上げ台数だけでみれば、BBKグループに抜かれただけでなくHuaweiにも肉薄されているAppleですが、
投資銀行BMO Capital Marketsの調査によれば、スマートフォン市場の営業利益別シェアでAppleは103.6%を占め、「一人勝ち」していることが分かっています。
しかし、アメリカでは8.5%減、中国では31%減と、主要市場での売り上げ減少が死活問題であることには変わりません。
こうした事態を受け、このところAppleは、iPhoneの販売ではなく、iPhoneをプラットフォームにしたサービスの拡充(囲い込み)に力を入れています。
2 :名刺は切らしておりまして:2016/11/21(月) 09:50:42.12 ID:G4K28WI1.net
( `ハ´ )ホンモノの爆発を見せてやるネ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい

中国シャオミ、日本ユーザー向けに公式Twitter開設 ついに日本進出か 2ch「楽天小日本株式会社」

1 :海江田三郎 ★:2016/05/04(水) 19:34:55.13 ID:CAP_USER.net
http://iphone-mania.jp/news-113884/

中国のスマートフォン大手ベンダーXiaomiが、日本人ユーザー向けにTwitterアカウントを新設しています。
アカウント新設は日本進出の足がかりか

Xiaomiは4日、新たにTwitterで日本人向けにTwitterの公式アカウント@XiaomiJapanを新たに作成しました。

これまでXiaomiの独自OSであるMIUIでは、英語と中国語しか選択できませんでしたが、同社のTwitterでは早速、
5月10日正式にリリースされるMIUI8では将来的に日本語をサポート予定であることが発表されています。

コストパフォーマンスでは圧倒的なXiaomi

またユーザーとのやり取りのなかで、公式ストア(小米之家)の国内出店の可能性を示唆したり、
Xiaomiが開発した炊飯器「MIJIA(米家:英語で炊飯器を意味する”Jar”と中国語の家を意味する”Jia”の音をかけている)」の
日本展開をにじませたりと、同社が本格的に日本への進出をうかがっている様子がTwitterからは伝わってきます
(残念ながらスマートフォンの販売予定については回答していません)。
スマートフォン販売については、マレーシアやインドなどの一部アジア諸国を除けば中華圏内にとどまっているXiaomiですが、アクセサリは昨年時点で、アメリカとヨーロッパ向けにも販売が開始されており、積極的な海外展開がなされています。

スマートフォンのみならずアクセサリに限ってみても、ウェアラブル「MiBand」が14.99ドル(約1,500円)、
10,400mAhのバッテリーが9.99ドル(約1,000円)と、コストパフォーマンスでは他の追随を許さないXiaomiなだけに、
もし日本に上陸するとなれば、業界の勢力図を塗り替えてしまうことは必至です。ひとまずTwitterアカウントの開設をきっかけとして、
今後の展開に期待したいところですね。
3 :名刺は切らしておりまして:2016/05/04(水) 19:37:59.45 ID:6aqeb2ni.net
米も炊ける携帯電話ほしいなあ

省略されました・・全てを読むにはここを押して下さい